TOP 志のリーダーシップ 最も大事なのは「自分は何者か?」と決めることである。(5/5)

2018/02/13

1/1ページ

第5回

最も大事なのは「自分は何者か?」と決めることである。(5/5)

  • リーダーシップ
  • スペシャル対談
  • グロービス・コーポレート・エデュケーション マネジング・ディレクター 知命社中 代表 鎌田英治
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

プロフェッショナルな専門家の記事が読める!60秒で簡単・メンバー登録はこちら >

 

 

「経営者を語る。」――今回は鎌田英治氏(株式会社 グロービス マネジング・ディレクター/知命社中 代表)をゲストにお迎えします。

今回のテーマは、「難しい時代にあって、魂の入った志と目標を考え抜くためのエネルギーをどう探していくか――」。
『知命社中』という異業種の経営幹部同士が一堂に会し、6ヵ月にわたって濃密な思考と対話を繰り返すコミュニティを一昨年からスタートさせた鎌田さんと、弊社代表の井上和幸が、これからの経営者、リーダーに必要なものを語り合いました。全5回でお届けします。

 

 

井上 知命社中に参加される方というのは、そこで大きな気づきを得ることによって自分を相対化するというか、より高次の視点を獲得して会社に戻られていると思います。鎌田さんご自身、これまで大きな気づきを得た瞬間には、例えばどんな場面がありましたか。

 

鎌田 たくさんありますが、大きなものを挙げると、先ほども申し上げたように長銀が潰れたときが先ず挙げられます。その後、38歳でグロービスに転職したとき、リーマンショックのとき、コロンビア大のエグゼクティブ・プログラムに参加したとき――この四つがあるかなと思います。まず会社が潰れたときですが、この話の結論は、「結局は全て自分次第だ」ということでした。

 

井上 まさか長銀が潰れるなどとは思ってもいらっしゃらなかったと思いますが……。

 

鎌田 教訓としては陳腐かも知れないですが、「世の中に絶対というものはない」と身をもって感じましたね。当時はネガティブな思考に襲われて、「家を売って、子供は高校まで行かせられればいいかな」という思考になりもしました。でも悩みながら考えた末にわかったことは、「まだ死んではいない。命がある」ということでした。そこまで行くと腹も据わり、「どうにかなる。どうにかする。どうにかできる」と思えました。
でもまだ僕の中では被害者意識があって、ずっと「犯人捜し」をしていました。「誰がこんな状況にしたんだ!?」と。しかし、なんとなく破綻の構造や原因が見えた瞬間に意識の転換が起きました。つまり、原因や“犯人”がわかった所で潰れたという事実は変わらない、という現実に漸く気づいたということです。その時、はたと恥ずかしい思いになりました。会社が潰れたという厳しい事実を直視せずに、単に他責にしていた自分を恥じました。「俺だってその一味だったんじゃないのか」と自らの不作為を恥じました。「大事な事実を横に置いて、他人のせいにしていても何も始まらない」と強く思いました。
...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 鎌田英治

    グロービス・コーポレート・エデュケーション マネジング・ディレクター 知命社中 代表

    北海道大学経済学部卒業。コロンビア大学CSEP(Columbia Senior Executive Program)修了。日本長期信用銀行から1999年グロービスに転ずる。長銀では法人営業(成長支援および構造改革支援)、システム企画部(全社業務プロセスの再構築)、人事部などを経て、長銀信託銀行の営業部長としてマネジメント全般を担う。グロービスでは、人事責任者(マネジング・ディレクター)、名古屋オフィス代表、企業研修部門カンパニー・プレジデント 、グループ経営管理本部長、Chief Leadership Officer(CLO)などを経て、現在は株式会社グロービス マネジングディレクター 兼 知命社中 代表。講師としては、グロービス経営大学院および顧客企業向け研修にてリーダーシップのクラスを担当する。著書に『自問力のリーダーシップ』(ダイヤモンド社)がある。経済同友会会員。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。