TOP スペシャルコラムドラッカー再論 イノベーションの目標。

2017/04/03

1/1ページ

第68回

イノベーションの目標。

  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

「マーケティング」の目標の次は、「イノベーション」の目標だ。
 
「イノベーションの目標とは、「われわれの事業は何であるべきか」との問いに対する答えを、具体的な行動に移すためのものである」(『マネジメント–-課題、責任、実践』、1973年)
 
われわれの事業はいま何なのか、に対して顧客に向き合うと同時に、われわれの事業はこれからいかにあるべきか、あるいはそもそも何であるべきなのかを問うことで、我々は未来へと事業を推し進めることができる。
 
ドラッカーは、いかなる企業においても、イノベーションは三種類あるという。製品・サービスにおけるイノベーション、市場におけるイノベーション、流通チャネルにおけるイノベーションだ。
 
「イノベーションの目標を設定するうえでの最大の問題は、イノベーションの影響度と重要度の測定の難しさにある。確かに技術的に最先端にあることは望ましい。しかし、包装に関する即利用可能な小さな改良100件と、あと10年の努力によって業容を一変させるに違いない化学上の大発見1件の、いずれが重要か。この問いに対する答えは、デパートと製薬会社では異なるし、製薬会社でも会社によって異なる」(『マネジメント–-課題、責任、実践』)
 
そのため、イノベーションの目標は、マーケティングの目標ほどには明確にはならないと、ドラッカーも認めている。さて、どうするか?
 
大企業に比べて小企業がイノベーションについてアドバンテージがあることを、ここでドラッカーは述べる。
 
「ある社長は、「規模が小さいうちは、その分市場近いために、どのような製品が求められているかを知りやすい。技術部の連中も、自分たちがあまりに小さすぎて、引きこもっているわけにはいかないことを知っている。否応なしに、外の世界に目と耳を向けている」といっている」(『マネジメント–-課題、責任、実践』)
 
正直、ドラッカーにしては、この部分は歯切れが悪く感じるが、一つの光明として、ベンチャーや小企業が、大手に比べて顧客や市場の嗅覚に長けているという部分を、衒いなく自らの強みとして「われわれの事業は何であるべきか」との問いに対する答えを、具体的な行動にすみやかに落とし込むというのは、即着手して損はないことだろう。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。