TOP スペシャルコラムドラッカー再論 「成果を上げる」とは?

2016/05/30

1/1ページ

第28回

「成果を上げる」とは?

  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

我々は、何のために事業・経営を行っているのか?
それは、自社が提供する事業(サービス・商品)を通じて成果を上げるためだ。
 
経営者として、上司として、よくこんなことを思う。
 
「あいつ(=部下)は、仕事の目的を分かっていない」
 
なぜ、そのようなことが起きるのだろう?
そして、そう言っている自分は、本当に正しい仕事の目的、成果を分かっているのだろうか?
 
「そもそも自らをマネジメントできない者が、部下や同僚をマネジメントできるはずがない。マネジメントとは、模範となることによって行うものである。自らの仕事で業績をあげられない者は、悪しき手本となるだけである」「ほかの人間をマネジメントできるなどということは証明されていない。しかし、自らをマネジメントすることは常に可能である」(『経営者の条件』1966年)
 
背筋の伸びるドラッカーの言葉だ。
そのドラッカーがいう成果とは、何だろう?
 
「理解力があり、懸命に働き、知識があるだけでは十分ではない。成果をあげることはこれらとは違う何かである」(『経営者の条件』)
 
知識社会の到来を予見したところから、ドラッカーによるマネジメントの体系化はスタートしている。知識社会においては、トップマネジメントやエグゼクティブは、組織を通じて成果をあげることが求められると、ドラッカーは繰り返し力説している。
 
「ほかの人の仕事ぶりに責任を持つ経営管理者であろうと、主として自分の仕事だけに責任を持つ独立した専門家であろうと、成果を上げることに対して報酬を支払われることに変わりはない。成果をあげないならば、いかに多くの知力と知識を使い、いかに多くの時間を使おうとも業績とはならない」(『経営者の条件』)
 
知識や懸命な働き、時間に対して報酬を支払われているのではない。成果に対して支払われているのだ、と。
 
「成果をあげる者は社会にとって不可欠な存在となっている。同時に、成果をあげることは、新入社員であろうと中堅社員であろうと、本人にとっての自己実現の前提となっている」(『経営者の条件』)
 
成果の本質をしっかり理解せよ、それは自己実現の前提ともなることなのだ、と。
 
ここまで、何か、禅問答的にも感じるし、勿体ぶった言い回しにも聞こえることとと思うが、では、その「成果」とは、一体、何だろう?
次回、詳しく見てみたい。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。