TOP 働き方改革時代の「生産性の技術」 全員が行動できる仕組み、それを続けられる仕組み、その行動・継続を教えられる「教える側のマニュアル」を作る。(4/5)

2017/10/03

1/1ページ

第4回

全員が行動できる仕組み、それを続けられる仕組み、その行動・継続を教えられる「教える側のマニュアル」を作る。(4/5)

  • 働き方改革時代の「生産性の技術」
  • キャリア・働き方
  • マネジメント
  • 社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。アメリカの行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本ペンクラブ会員。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。 石田淳
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

井上 ところで、石田さん自身も、行動分析学に出会うまでは、「KKD(カンと経験と度胸)上司」で、経営されている会社で社員が一度に10人も辞めたことがあるとか。

 

石田 そうなんです。当時は、「なんで仕事でいちいち教えなきゃいけないんだ? 自分で考えろ。そのために給料を払っているんだ」みたいな感じでした。今とは全然違いますね。社員のために …

こちらは会員限定記事です。
会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 石田淳

    社団法人行動科学マネジメント研究所所長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。アメリカの行動分析学会(ABAI)会員。日本行動分析学会会員。日本ペンクラブ会員。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。

    アメリカのビジネス界で大きな成果をあげる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジして、「行動科学マネジメント」として確立。精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてた科学的で実用的なマネジメント手法が、企業経営者や現場のリーダー層から絶大な支持を集める。これまでに指導してきた企業は1,000社以上、ビジネスパーソンはのべ30,000人以上にのぼる。著書に『マンガでわかる! ほめる技術』(宝島社)、『行動科学を使ってできる人が育つ! 教える技術』(かんき出版)、『「辞めさせない」マネジメント』(PHP研究所)、『なぜ一流は「その時間」を作り出せるのか』(青春出版社)などがある。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。