TOP これからのリーダーシップ、プロ経営者論 ダニエル・キム教授が提唱する「組織の成功循環モデル」は、個人が成功するための考え方にもなる。(1/5)

2017/08/08

1/1ページ

第1回

ダニエル・キム教授が提唱する「組織の成功循環モデル」は、個人が成功するための考え方にもなる。(1/5)

  • リーダーシップ
  • 合同会社THS経営組織研究所 代表社員/慶応義塾大学大学院理工学研究科 特任教授/立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科 客員教授 小杉俊哉
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

井上 小杉さんの著書『元人事部長が教える「結果を出す人」の働きかた』(大和書房)を興味深く拝読したのですが、その冒頭でダニエル・キム教授(マサチューセッツ工科大学)の「組織の成功循環モデル」を紹介されていましたよね。《組織の成功は「関係の質」「思考の質」「行動の質」「結果の質」の4つの要素にどのような順に取り組むかで決まる》。そして、「関係の質」から取り組むのが「Good cycle」で、「結果の質」から取り組むのが「Bad cycle」だという話でした。
小杉さんは、この理論は組織の成功だけではなく、《一社員が成功するための考え方にもなる》と書かれていましたが、まずは、そのあたりからご説明いただいてよろしいでしょうか。

 

小杉 それはこういうことです。企業では結果を求められるので「では、どうやって結果を出すか?」という話を考えます。管理者なら、「どうやってチームで結果を出すか?」、社長なら、「どうやって会社で結果を出すか?」と考えるわけですが、そうすると循環はつながりません。結果に集中すると、特に結果が出ないときは「できた、できない」あるいは「どこが悪い、何を改善すべき」という話になって、疑心暗鬼になり守りの姿勢をとるようになり、関係の質は悪くなります。そして、関係の質が悪くなると思考停止に陥り、後ろ向きになって、「言われたことだけやればいい」と思うようになるから行動が委縮する。行動が起こらないと結局は成果につながらない。すると責任のなすり付けあいや自己防衛により、関係がさらに悪化する――というのが、多くの企業が実際に陥っている問題ですよね。

井上 すごく古くて新しいテーマですが、「職場活性」や「やりがいを持って働く」といったことなどが、今のお話とつながっているなと改めて思いました。

 

小杉 後で話にも出てくるであろう「リーダーシップ3.0」や「リーダーシップ4.0」に関わってくる話だと思うんですが、勇気を持って関係性の質を高めることからスタートすると、思考が前向きになって、みんなで意見を出すようになる。信頼関係も醸成されるので、安心して行動が取れる。すると、自発的に新しい挑戦もするようになる。みんなが行動をとれるようになると自ずと結果が出る――。あの本でそれを引用したのは、「個人のレベルでも一緒ですよ」ということが言いたかったのです。「目の前の、与えられた課題をいかに解くか?」ということをやってしまうと結果が出ない。そうではなく、「いかに周りとの関係性やネットワークを築くか?」というところからスタートすると、循環が回り出します。

 

井上 それはうなずける話ですね。そういったことも含めて、今回ぜひ、いくつか小杉さんに伺ってみたいことがあります。1つは、...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 小杉俊哉

    合同会社THS経営組織研究所 代表社員/慶応義塾大学大学院理工学研究科 特任教授/立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科 客員教授

    早稲田大学卒業、NECを経てマサチューセッツ工科大学に私費留学、経営大学院修了。帰国後、マッキンゼー、ユニデンおよびアップルの人事責任者を歴任し、独立。 慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授などを経て、現職。他にエスペック株式会社、ふくおかフィナンシャルグループ・福岡銀行など数社の社外取締役を務める。 専門は、人事・組織、キャリア・リーダーシップ開発。組織が活性化し、個人が元気によりよく生きるために、組織と個人の両面から支援している。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。