TOP 経営者PR論 社外への前に、まず社内や身近な人たちに向けての発信を徹底、継続すること。(4/5)

2017/07/24

1/1ページ

第4回

社外への前に、まず社内や身近な人たちに向けての発信を徹底、継続すること。(4/5)

  • マーケティング
  • 放送作家/PRコンサルタント/株式会社MIP 取締役 野呂エイシロウ
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

野呂 忘れがちなことですが、経営者が発信するときには、まずは社内に向けて発信することが大事です。社内の統一意見がずれている会社って結構ありますからね。朝礼は週に一回は絶対に開くべきだし、PRとか広報関係のミーティングは、必ず週に2、3回、1時間ずつでもいいから行って、社長の考えを伝えていくべきだと思います。
ちなみに、社長にそういう役割をしてほしいと頼んだときに、「僕は自分でPRができますよ」と言う社長がいるんですが、本当にできた人には一人も会ったことがありません。「一日一時間でもいいから時間を作ってくれ」と言っても無理ですから。第1回でも話したように、経営者の時給は高いですからね。僕は、「時給を10万で計算してほしい」と言っています。

 

井上 ある意味、計算不能ですしね。「経営者は忙しいんだから経営に専念しなさい」と。

 

野呂 優れた経営者とたくさん付き合ってきて思うのは、彼らが偉いのは「やらないことを決める」ことです。任せてもいいものは全部任せてしまう。それこそ、着る服やネクタイの柄も自分では決めない社長もいます。「選んでおいて。それを着るから」と。そうやって任せるクセが付くと、広報だけに限らずいろんな分野で自分の手を放し、アウトソーシングができるようになる。
僕だってそうですよ。僕は月収が2万しかなかったときに会社を創ったんですが、そのときに5万円払って顧問弁護士を頼んだ。それが上手くいった理由の一つだったと思います。当時の5万はきつかったけれど、自分が一から法律の勉強をするよりはいい。契約書のことで悩まなくなって本当に楽になりましたから。僕が司法試験を受けたら何年かかるのかということですよ。

 

井上 そもそも、一人でできないことをやろうとしているのが法人ですからね。

野呂 会社ってチームですからね。だからこそ、社員に対するPRが一番大事なんです。その前に、まずは半径1メートル以内にいる人、例えば、恋人とか家族とか両親といった一番身内にいる人にちゃんとアピールができない人は、社員の心をつかむことはできません。そして、社員から好かれないのに、社外のすごい人たちから好かれるかというと、そんなことはない。

 

井上 自分たちがいいと思っていたり、盛り上がっていないことを、遠い人がいいと思うわけがないですしね。

 

野呂 そう。もし小さい会社だったらワンルームで仕事をしているわけだから、社員全員が社長のことを共有していて、それを外でしゃべりたくなることが大事だと思うんです。例えば、得意先に対して、「うちの井上がさ、この前こうだったんですよ」というだけで、「へえー面白いね、それ」と言ってくれるかもしれない...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 野呂エイシロウ

    放送作家/PRコンサルタント/株式会社MIP 取締役

    1967年生まれのO型。幼少の頃から放送部に従事し、ラジオのハガキ職人として活躍。大学時代に学生シンクタンクに参加。学生マーケティングを行い、学生用クレジットカードや学生向け家電の企画・広報・宣伝従事し、いずれも大ヒット。 出版社を経て「天才たけしの元気が出るテレビ」で放送作家へ。「鉄腕DASH」「特命リサーチ200X」「奇跡体験アンビリバボー」などを構成。広告代理店からの仕事がきっかけで、戦略的PRコンサルタントに。本人曰く、放送作家もコンサルタントも、参謀という意味では、全く同じ。口癖は「視聴率をUPさせるのに比べれば、売上を上げるのは簡単」。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。