TOP 経営者PR論 あなたのSNSでの発言や投稿は、経営者としての価値を貶めていたりしませんか?(3/5)

2017/07/18

1/1ページ

第3回

あなたのSNSでの発言や投稿は、経営者としての価値を貶めていたりしませんか?(3/5)

  • マーケティング
  • 放送作家/PRコンサルタント/株式会社MIP 取締役 野呂エイシロウ
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

井上 今回は失敗例というか、経営者はこういうことをしない方がいいというアドバイスをいただければと思います。

 

野呂 今まで僕が経験した例で言うと、お金を追う社長は絶対にPRに向かないですね。「金儲けしたい」とか「フェラーリが欲しい」「有名になりたい」といった人は、メディアの人から底の浅さを見透かされて、「あいつ全然面白くないよ」みたいな評判になってしまう。ホリエモンみたいな個人事業主ならいいと思いますが、会社の経営者ということだと、ちょっとね。出たがりみたいな人も、マスコミにはバレます。

 

井上 多くの経営者の方が話されているように、理想とする誰かをベンチマークにするといいんでしょうね。

 

野呂 そうですね。メッセージ発信のモデルケースとして、自分の好きな経営者を見つけたらいいと思います。そうすると楽ですよ。例えば、「自分はイーロン・マスクみたいになりたい」と決めたら、メッセージはこういう風に発表しようとか、ファッションはこうしようといったように真似していくんです。
ただし、注意があります。そのときに、多くの人が失敗するのは、例えば、スティーブ・ジョブズを好きな人はたくさんいて、彼をモデルにするのはいいのですが、マイクロマネジメントを真似しようとすることです。僕は、「PRのところだけ、メッセージの部分だけを真似してください」と言っているのに、マネジメントまで真似してしまう。 ジョブズに会ったことがなく、そこで働いたこともないのに、本に書いてあることを真似してカリスマ気分で失敗する人が多い。PRのことなら、世の中に出ているから、そこは参考にできるけれど、社内でどんなマネジメントをしていたのかはわからないじゃないですか。そこは真似してはいけないところですよ。

井上 FacebookなどのSNSの利用法はどうでしょう?

 

野呂 社長さんがおかしな投稿をしているときには、僕も注意させてもらっています。例えば、著名人のトラブルに野次馬的に言及したり、政治や行政に関するニュースなどに対して、小言や不満みたいなことを一生懸命に書いたり、シェアしていることがあるのですが、それは本当に止めるべきです。そんなことをしている場合かと言いたいですよ。そういうことを会社の経営者としてシェアして良いかどうかの自覚がないから、そういうことになる。
百歩譲って、例えば、有名人同士のトラブルについて書くのならば、双方の関係者に話を聞いて、自分なりに事実関係を調べてから書くべきです。それを、インターネットや雑誌で聞きかじった情報で書くことに何の意味があるのだろうと思います。経営者は現場主義でなければ……。

 

井上 そもそも経営自体が...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 野呂エイシロウ

    放送作家/PRコンサルタント/株式会社MIP 取締役

    1967年生まれのO型。幼少の頃から放送部に従事し、ラジオのハガキ職人として活躍。大学時代に学生シンクタンクに参加。学生マーケティングを行い、学生用クレジットカードや学生向け家電の企画・広報・宣伝従事し、いずれも大ヒット。 出版社を経て「天才たけしの元気が出るテレビ」で放送作家へ。「鉄腕DASH」「特命リサーチ200X」「奇跡体験アンビリバボー」などを構成。広告代理店からの仕事がきっかけで、戦略的PRコンサルタントに。本人曰く、放送作家もコンサルタントも、参謀という意味では、全く同じ。口癖は「視聴率をUPさせるのに比べれば、売上を上げるのは簡単」。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。