TOP 人生100年時代のキャリアとリーダーの組織行動 「遊・学・働」〜遊ぶ、学ぶ、働くの区別なく働ける場を得ることがこれからの鍵。(3/5)

2017/07/11

1/1ページ

第3回

「遊・学・働」〜遊ぶ、学ぶ、働くの区別なく働ける場を得ることがこれからの鍵。(3/5)

  • 人生100年時代のキャリアとリーダーの組織行動
  • キャリア・働き方
  • 組織
  • 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ 組織行動研究所 所長 古野 庸一
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

井上 世の中が実は大きく変わろうとしている中で、僕らの働き方も確かに変わっていくのでしょう。その中で仕事を楽しみ、やりがいを作っていくことに関して、古野さんはどのように考えていますか?

 

古野 一個人として、どういう仕事が面白いかという話で言うと、それこそ1970年代、ハックマンとオールダムの研究で、①技能多様性(多様な技術を使える)、②仕事完結性(仕事が分断されておらず、意味がある単位である)、③仕事の有意義性(意味がある仕事だと思える)、④自律性(自分の工夫がいかせる)、⑤フィードバック(仕事の結果がわかる)――の5つが、人が仕事として面白いと思える5...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 古野 庸一

    株式会社リクルートマネジメントソリューションズ 組織行動研究所 所長

    1987年東京大学工学部卒業後、株式会社リクルート入社。南カリフォルニア大学でMBA取得。キャリア支援に関する事業開発、NPOキャリアカウンセリング協会設立に参画する一方で、リーダーシップ開発、キャリア開発に関する研究に従事。2009年より現職。著書は『いい会社とは何か』(2010年 講談社現代新書)、『日本型リーダーの研究』(2008年 日経ビジネス人文庫)、『リーダーになる極意』(2005年 PHP研究所)、訳書に『ハイフライヤー 次世代リーダーの育成法』(2002年 プレジデント社)など。論文に「『一皮むける経験』とリーダーシップ開発」(2001年『一橋ビジネスレビュー』)、「プロ経営者になるための学びのプロセス」など。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。