TOP 経営者力とEQの相関関係を読み解く 経営者は「慢心への対応」と「苦しいとき、上手くいかないとき」にEQを使え。(2/5)

2017/05/30

1/1ページ

第2回

経営者は「慢心への対応」と「苦しいとき、上手くいかないとき」にEQを使え。(2/5)

  • 経営
  • ビジネススキル
  • EQ Executive Master/株式会社 EQ 取締役 会長 髙山直
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

井上 田中角栄さんのように「カリスマとお茶目役」を使い分けるとか、「織田信長、豊臣秀吉、徳川家康」の三人のEQを使い分ける――といったお話は、とても面白いですね。完ぺきに使いこなせるかどうかは別にしても、リーダーの方たちがそういう視点を持つのは大事でしょうね。ところで、感情を上手く管理し、利用する能力をEQだとすると、経営者の場合、どんな局面で使うのが効果的でしょうか?

 

髙山 二つあると思います。一つは「慢心」への対応がそうですね。経営者が陥りがちなのは、業績が好調で右肩上がりのときの有頂天気分が抜けないときと、成功体験に縛られ身動きができなることです。...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 髙山直

    EQ Executive Master/株式会社 EQ 取締役 会長

    1990年、米国で提唱されたEQ理論を日本で初めて紹介し広める。個人のやる気や情熱、「志」などの潜在的な能力や可能性が学歴に関係なく、公平、公正に判断される社会の創造を目指して、1997年、株式会社イー・キュー・ジャパンを設立し、日本で初のEQ事業をスタートさせる。EQ理論提唱者のエール大学、学長ピーター・サロベイ博士、ニューハンプシャー大学ジョン・メイヤー博士との共同研究で、EQ理論に基づいた「個人の自立と成長を支援する」プログラムを開発。2015年、株式会社EQを設立、現職。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。