TOP 社長が "将来" 役員にしたい人、25の条件 「できる社員には一度社長の秘書をさせよ」、経営において何が大切かを学ぶ良いチャンス。(3/5)

2017/04/25

1/1ページ

第3回

「できる社員には一度社長の秘書をさせよ」、経営において何が大切かを学ぶ良いチャンス。(3/5)

  • 組織
  • キャリア
  • プリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社 代表取締役 秋山 進
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

井上 僕が、秋山さんらしいなと思ったのは、「できる社員には一度社長の秘書をさせよ」という主張です。社長のスピーチ原稿を作成したり、社長宛の手紙を返信したり、社長としての優先順位を判断してスケジュール調整をしたりといったことが、経営において何が大切かを学ぶ良いチャンスになるという話は、その通りだと思います。

...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 秋山 進

    プリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社 代表取締役

    京都大学卒。リクルート入社後、事業・商品開発、戦略策定などに携わる。独立後、経営・組織コンサルタントとして、各種業界のトップ企業からベンチャー企業、外資、財団法人など様々な団体のCEO補佐、事業構造改革、経営理念の策定などの業務に従事。現在は、経営リスク診断をベースに、組織設計、事業継続計画、コンプライアンス、サーベイ開発、エグゼクティブコーチング、人材育成などを提供するプリンシプル・コンサルティング・グループの代表を務める。

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。