TOP 成功する経営者 10の共通項 成功する経営者の脱却力

2017/04/03

1/1ページ

成功する経営者 10の共通項

第8回

成功する経営者の脱却力

  • 経営
  • ビジネススキル
  • ブックライター 上阪 徹

成功する経営者の共通項、8つ目は脱却力。うまくいく経営者から感じられたのは、「逆境に強い」「打たれ強い」ことだった。だが、経営者にもともとそうした性質が備わっていたのかというと、そういうわけではない、と取材で語っていたのは、日本発で新しいビジネスを立ち上げ、大きく業績を伸ばしていた外資系トップだった。

 

「イノベーションは起こそうと思って起こせるものではない。追い込まれるからこそ、イノベーションは生まれる」

 

かつて多くの日本人に知られていた定番商品を10年で売り上げ3倍、利益5倍に導いたことがあった。なぜ、こんなことができたのか。売り上げの伸びが長期にわたって完全に止まっていたから。新しい取り組みを進めざるを得なかったからだ。

 

テレビCMをすべてやめ、PR戦略に切り替えるという大胆な策を打ち出した。こうなれば、PRでなんとかするしかない。ここから画期的なアイディアが生まれた。

 

今は会社の本丸ともいえる事業の大変革に取り組んでいる。イノベーションは成功し、大きな話題になっているが、ここでも成功の理由は、事業が停滞どころか右肩下がりになってしまっていたこと。ピンチがイノベーションをもたらしたのだ。

 

もうひとつ、印象的な取材が、中国でスーパー事業を立ち上げ、大きな成功をもたらした元中国室長だった。2万人を率いた営業本部長から、部下ゼロの中国室長へ。当時は1996年。北京にはロバが闊歩していたという。

 

日本では大手でも、中国ではまったく相手にされなかった。仕入れ先が信用してくれない。だから仕入れができない。「詐欺師ほど立派なものを作ってくる」と、パンフレットは、目の前でくずかごに捨てられた。

 

そんな中、背水の陣で日本からやってきた8人のスタッフで奮闘する。現地の本当の生活を知るために、ゴミ回収車が来る前に、ゴミ袋をすべて空けて中身を調べることまでした。そうやって本当のニーズをつかみ、後に大変な繁盛店を作る。今は中国の事業は、日本の事業を超えるスケールになっている。

 

逆境に追い詰められたとき、地を這えるか。「ここまでやるか」というところまでできるか。うまくいく経営者の凄みは、ピンチのときにこそ出る。

 

実際、日本のビジネスで最もイノベーティブなもののひとつがコンビニだが、コンビニほど熾烈な競争をしている業界はない。ある経営者は語っていた。

 

「同じものを扱って、同じような店舗で戦う。本当に厳しい」

 

しかし、だからこそイノベーションが生まれる。厳しい競争環境を受け入れ、追い詰められることをポジティブに捉え、前に踏み出せるかが問われる。

...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 上阪 徹

    ブックライター

    1966年兵庫県生まれ。1989年早稲田大学商学部卒業後、リクルート・グループなどを経てフリーランスのライターとして独立。最前線のビジネス現場から、トップランナーたちの仕事論を分かりやすく伝えるインタビューを得意とする。雑誌や書籍などで執筆するほか、取材で書き上げるブックライター作品も70冊以上に。取材相手は3000人を超える。 著書に『やり直し・差し戻しをなくすできる人の準備力』(すばる舎)『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』『なぜ気づいたらドトールを選んでしまうのか?』『なぜ今ローソンが「とにかく面白い」のか?』『成功者3000人の言葉 人生をひらく99の基本』『職業、ブックライター。』など。