TOP 成功する経営者 10の共通項 成功する経営者の人間力

2017/03/13

1/1ページ

成功する経営者 10の共通項

第4回

成功する経営者の人間力

  • 経営
  • ビジネススキル
  • ブックライター 上阪 徹

成功する経営者の共通項、5つ目は人間力。人間的な魅力に溢れている、引き込まれる魅力がある、自分への厳しさを持っている。うまくいく経営者に取材していると、そんなふうに感じることが多かった。では、それは何がもたらすのか。

 

一代で兆の売り上げを持つ企業に育て上げたカリスマ経営者が語っていたのが、「しんどい経験」だった。

 

彼は語っていた。「まず知っておいてほしいことは、人生というのは、思うようにならないということ。そして思うようにならないことに直面したとき、そのことを肯定してほしい。悲観しないでほしい。一見、不幸に見えることも、実はそれが本当の不幸とは限らないから。それも自分の人生だと受け入れて、与えられた環境の中で前向きに明るく必死に生きていく。これが一番大事。その意味では、むしろ逆境の中から這い上がっていく立場になったほうが、大きな収穫を得られるのかもしれない。私の人生がまさにそうだった」

 

受験に失敗、結核を患い、戦争によってすべてを失い、就職も大不況でままならなかった。決まったのは、大変なボロ会社。今にもつぶれそう。同期の大卒5人はみなやめた。人生はどうしてうまくいかないのか、思い悩んだ。しかし、世間を恨んでも仕方がない。希望を捨てず、未来を信じて、仕事に打ち込んでみた。これが、彼の人生を変えることになった。心の持ちようを変えた瞬間、人生は転機を迎えた。

 

彼はこうも言っていた。「逆境に追いやられなければ、ここまで頑張れたか。今ほど納得のいく人生が送れたか。今は結果的に、自分の厳しかった境遇に感謝している」

 

苦しい経験は、誰もがする。それを、どれだけ自分の血肉にできるか。どれだけ真正面から見つめられるか。これが人間力を鍛える。そして苦しい経験があればこそ、人の気持ちもわかるようになる。自分に対する厳しさも生まれるようになる。

 

もちろん人情肌の経営者ばかりではない。怜悧でキレ味鋭い人もいた。だが、そういう人たちにも、どこかチャーミングなところがあった。ちょっと鈍くさい。どこかかわいげがある。それが、不思議な魅力を作っていた。

 

もうひとつ、人間力といえば、人を肩書きで見たりはしない、ということだろうか。人のよって態度を変えない。これは、すぐに相手には伝わってしまう。そして、正しいことをしようとする。正しいことに、人はついていくのである。

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 上阪 徹

    ブックライター

    1966年兵庫県生まれ。1989年早稲田大学商学部卒業後、リクルート・グループなどを経てフリーランスのライターとして独立。最前線のビジネス現場から、トップランナーたちの仕事論を分かりやすく伝えるインタビューを得意とする。雑誌や書籍などで執筆するほか、取材で書き上げるブックライター作品も70冊以上に。取材相手は3000人を超える。 著書に『やり直し・差し戻しをなくすできる人の準備力』(すばる舎)『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』『なぜ気づいたらドトールを選んでしまうのか?』『なぜ今ローソンが「とにかく面白い」のか?』『成功者3000人の言葉 人生をひらく99の基本』『職業、ブックライター。』など。