TOP 成功する経営者 10の共通項 成功する経営者のスキル

2017/02/20

1/1ページ

成功する経営者 10の共通項

第2回

成功する経営者のスキル

  • 経営
  • ビジネススキル
  • ブックライター 上阪 徹

成功する経営者の共通項、2番目はスキル。もちろん会社経営にはさまざまなスキルが必要になるわけだが、うまくいっている経営者に取材をして感じるのは、結局のところ何より「やり切る力」が問われてくる、ということだ。

 

優れた戦略を描くことができても、それをやり抜くことができなければ、絵に描いた餅に過ぎなくなっしまいかねない。その意味では、戦略以上に重要なことは、実行する力、ということになるのだと思う。

 

逆にいえば、戦略そのものは決して難しいものではない、と語っていた経営者は少なくなかった。むしろ、シンプルなケースのほうが多い。やるべきことは意外にすぐに見つかるものだ、と。

 

外資系のトップから日系のメーカーのトップに転じて、7年連続の最高益に導いている経営者がいる。驚くべきは、1%台だった営業利益率が10%台になったことだ。儲かる会社に変貌したのである。

 

彼は取材でこう語っていた。「難しいことはやっていない。儲けるための仕組みを作っただけだ」と。そしてそれを粛々と押し進めたら、営業利益率は一気に上がっていった。こうも言っていた。「日本の会社は、儲ける気がないんじゃないか」。やるべきことは難しいことではない。それをいかにやり抜けるか。これが結果の大きな違いを生んでいたのである。

 

ユーザーから圧倒的な支持を受けている人気ウェブサイトも、強いこだわりを持って取り組んでいるのは、徹底的なユーザー志向だった。それを、とにかくやり抜いていた。こんな言葉が印象に残っている。

 

「サービスの送り手というのは、知らず知らずのうちに、ユーザーに甘えてしまう。“このくらいはできて当たり前だよね”ということを言語化されないレベルで思ってしまう。お客さまからすれば、それはとんでもない傲慢に映っている」

 

それこそトップページに検索窓を置けば、ユーザーは気づくだろう、などと考える。しかし、実際には気づかないことがユーザーテストでわかったのだそうだ。そんな検索窓を置いてしまっただけで、サービスとしてはアウトになる。

 

外資系に席巻されながらも、今なおどの店も混んでいる日系のコーヒーチェーンは、社長自らが「細部までの意識」を貫いていた。コーヒーの鮮度、カップの曲線、味を守る業者の選定……。それをこだわり抜いて徹底していることが、多くの人に支持される店のクオリティを作りだしていたのだ。

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 上阪 徹

    ブックライター

    1966年兵庫県生まれ。1989年早稲田大学商学部卒業後、リクルート・グループなどを経てフリーランスのライターとして独立。最前線のビジネス現場から、トップランナーたちの仕事論を分かりやすく伝えるインタビューを得意とする。雑誌や書籍などで執筆するほか、取材で書き上げるブックライター作品も70冊以上に。取材相手は3000人を超える。 著書に『やり直し・差し戻しをなくすできる人の準備力』(すばる舎)『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』『なぜ気づいたらドトールを選んでしまうのか?』『なぜ今ローソンが「とにかく面白い」のか?』『成功者3000人の言葉 人生をひらく99の基本』『職業、ブックライター。』など。