TOP 戦略人事の仕掛人 喜ばせるのは社員ではなくユーザー。いつでも“事業を伸ばすこと”を真ん中において考える。【後編】

2022/12/28

1/1ページ

戦略人事の仕掛人

第25回

喜ばせるのは社員ではなくユーザー。いつでも“事業を伸ばすこと”を真ん中において考える。【後編】

  • 組織

 

30日無料!全記事読めるプラチナメンバー登録はこちら >>

 

 

宿泊やレストラン予約を中心に、その質の高さと徹底したユーザーファーストの姿勢で多くのヘビーユーザーを持つ「一休.com」。運営会社の株式会社一休で初の人事最高責任者となった植村弘子さんを迎えての「戦略人事の仕掛け人」。後半では、ヤフーによるM&Aを機にここまで行ってきた組織づくりや制度設計の根底にある考え方や、植村さん独特のCHRO観、そして未来の一休や自身の姿について語っていただいた。

 

(前編はこちら)

(聞き手/井上 和幸)

“良い会社”づくりはしない。目指すは“強い会社・強い組織”

いまだ記憶に残っているという人も少なくないだろう。2015年12月、ヤフーが一休を完全子会社化したというニュースが駆け巡った。奇しくもその3ヵ月前に人事責任者となっていた植村さんは、M&Aに向けた準備がCHROとしての最初の仕事となった。インサイダーに抵触するため、TOBの事実は当然ながら極秘。“準備”といえば聞こえは良いが、植村さんの人事キャリアは、なにも動けない、誰にも話せないところからのスタートとなった。

 

 

井上 これはもう、「どうでしたか?」なんて聞き方ができるレベルの出来事ではないと思いますが、実際に発表があった後、社内はどのような感じだったのですか?

 

植村 業績不振で売却…というのはよくある話ですが、なにせ最高益をたたき出して「いま、自分たちは一番いい状態だ」と思っているタイミングでのM&Aです。誰も予想していませんし、ショックすぎて泣いているメンバーもいるような状態でした。創業社長が替わってしまうということも、追い打ちをかけていましたね。

 

井上 ある意味、ここからがCHROとして本当の初仕事であり、腕の見せどころだったと思いますが、人事の最高責任者としてまずはどうされたのですか?

 

植村 わたし自身は既に覚悟が決まっている状態です。自分の感情云々はとっくにおいてきているので、とにかくTOBを無事に進めて「ここからさらに伸ばすんだ、この買収を良いものにするんだ、それを絶対にやり遂げるんだ」ということしかありませんでした。
社員のショックは相当なものでしたが、わたしはこれを逆にチャンスととらえていました。“ヤフー”という大きなグループにジョインしたことを生かしてどう進んで行くのか。もちろん、日々いろいろなことは起こりましたが、「これはめちゃくちゃチャンスだよ。ここからめちゃくちゃおもしろいことをしていこうよ」ということは、全社へのメッセージとして繰り返し伝えていました。とにか...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 植村 弘子氏

    植村 弘子氏

    株式会社一休 執行役員 CHRO 管理本部長

    2001年新卒でエスビー食品株式会社に入社。コンビニエンスストアチェーン本部セールス 兼 PBブランド商品企画を担当。 2006年10月より26番目の社員で株式会社一休にジョイン。2006年にローンチした『一休.comレストラン』のセールス、『一休.com』のセールス等を経て、カスタマーサービス部門でコールセンターの立ち上げ、改革を実施。 2016年4月より執行役員CHROに就任、2016年7月から現職の執行役員CHRO管理本部長。

    この登場者の記事一覧をみる
  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる