TOP 2030年に向かえ! リーダーのためのキャリアメイク戦略 「経営者力診断」を活用して自分の現状を把握する。

2022/09/29

1/1ページ

2030年に向かえ! リーダーのためのキャリアメイク戦略

第41回

「経営者力診断」を活用して自分の現状を把握する。

  • 転職
  • キャリア
  • エグゼクティブ
  • 井上 和幸 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

本企画は、KEIEISHA TERRACEセミナー『経営者力強化セミナー:経営者の5つの力、13の要素を全解説』(2021年11月11日)を編集し、記事としてまとめ直したものです。

 

 

・経営者・経営幹部として、日頃発揮している力のセルフチェックをしたい
・リーダー・管理職として今後、経営陣を目指すに当たり自身の力の確認と求められる要素を知りたい
等、今後のキャリアについてお考え中の方に向けて、2022年10月に当社では「経営者力診断」をリリースしました。開発責任者でもある経営者JP 代表取締役の井上が、経営者力を構成する経営者の5つの力・13の要素について全解説します。

 

本日お伝えしたいこと

皆さんがイメージする経営者力とは何でしょう。経営者としての「専門知識」「実務経験」「人間性、性格」といったアセットを持っていないと経営はできません。本日参加の皆さんは、当然これらをお持ちだと思いますし、発揮されていると思います。

 

その上で経営者として望ましい「思考、行動」というものがあります。アセットを使って思考、行動でアウトプットする。逆に思考、行動を行うところからアセットにフィードバックしていく。こういう往復運動を繰り返して、皆さんは経営力をつけられていると思います。今日の話は、この経営者として望ましい「思考、行動」にアプローチしていると理解していただければと思います。

では、なぜ我々はここにアプローチしているのか。皆さん、経営行動・マネジメント行動を伸ばしていきたいでしょう。そのためには、それをなるべく形式知化し、誰しもが習得、強化可能なものにし、定点観測が可能なものにし、さらに再現性を高めていくことが重要です。そうした考えをもとに、当社は2021年10月1日に「経営者力診断(経営人材度アセスメント)」をリリースしました。

 

企業に買われる経営人材の共通点 必須の5つの力

我々は経営者力の方程式というものをつくっています。それは5つの要素から構成されます。「描く力(構想力)」、「決める力(決断力)」、「やり切る力(遂行力)」、「まとめる力(リーダーシップ力)」、「学び続ける力(学習力・習慣化力)」です。そのうち「描く力」、「決める力」、「やり切る力」は必須の3因子です。これに加えて「まとめる力」と「学び続ける力」の2つが、掛け算のレバレッジ因子となります。

我々がこだわっているのは、マネジメント人材には「幹部人材」と「経営人材」がいるということです。幹部とは上位幹部を指すこともありますが、ここではミドルマネジメント=中間管理職だと思ってください。経営人材は経営ボードを担うクラスの方々です。

 

両者はいったい何が...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる