TOP イマ、ココ、注目社長! 「品質の良さの数値化」で拡がる、日本の「食」の可能性【後編】

2022/07/15

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第246回

「品質の良さの数値化」で拡がる、日本の「食」の可能性【後編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • dot science株式会社 代表取締役 小澤 亮氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

うま味、香り、口どけの良さなど、これまで感覚的に語られてきた「食」の魅力を数値化することで、マーケティング業界に新風を吹き込んでいるベンチャー「dot science(ドット サイエンス)」。
同社を率いるのが、ヤフー、フリーのウェブマーケターを経て起業した小澤亮氏。マーケティングとは「魔法の杖を渡すこと」と語る小澤氏が手を組んだのは、シェフの田村浩二氏と、農業科学者の木村龍典氏。異色のチームはそれぞれの強みを活かし、クライアントが作る食材の品質の良さを数値化してマーケティングにフル活用することで、売り上げ増に貢献してきました。昨年4月には「品質の良さの数値化」に特化した「成分分析ブランディング」もスタートし、フライパンの分析などで続々とユニークなデータを公表しています。

(前編はこちら
(聞き手/川内 イオ

 

シェフ、農業科学者と組んで起業

――2017年9月、シェフの田村浩二さん、農業科学者の木村龍典さんとともに起業して、「dot science(ドット サイエンス)」を設立されています。その経緯を教えてください。

 

小澤 ふたりに会ったのは、環境省が立ち上げた「森里川海プロジェクト」のキックオフイベントです。田村はもともと、シェフの創造性をもってすれば、厨房に立つこと以外でも活動の場は作り出せると考えていました。いまではその想いが結集して株式会社 Mr. CHEESECAKEとしても活躍の場を広げています。木村も同じような感覚で、研究者、科学者としてビジネスで身を立てることができないかという視点を持っていました。
田村を横田園芸に連れていったときに食用バラを大絶賛したので、木村さんに「一般的に流通する食用バラとヨコタ園芸のバラの香り高さを分析できないか」と相談したんです。それで彼が島根大学との間に入って分析してくれたんですけど、香り高さが一般的な「ベルローズ」という食用バラの約3840倍というとんでもないデータが出たんですよ。

 

――3840倍!? 想像もつかない差ですね。

 

小澤 そうなんです。希少なブランド豚を生産しているみやじ豚さんが以前から、「平均的な国産の豚に比べてうまみ成分が2倍以上です」というマーケティングをしていて素晴らしいなと思っていたんですけど、シェフの田村と科学者の木村が一緒なら、みやじ豚さんのように品質の良さを数値化することで食材のブランド化ができそうだなと思って、一緒に起業しました。

 

――「品質の良さの数値化」は、ひとりでは難しかったんですか?

 

小澤 どうしたらい...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 小澤 亮氏

    dot science株式会社 代表取締役

    マーケター。大学で建築を専攻した際に、建築家が抱えるマーケティングの課題に触れたことをきっかけにWebマーケターを志す。在学中はバイヤーとして3,000回以上のWeb取引きを経験。その結果、インターネット通販に可能性を見出して、「良いものをつくる生産者をITでPRして収益化すること」を目標に、Yahoo! JAPANに入社。4年間の経験を積んだ。独立後は、より横断的なマーケティングスキルを習得するために、BASE株式会社をはじめとするベンチャー企業や、地方の中小企業のマーケティングを監修。また、全国の250件以上の農畜水産の生産者を訪問しながら、写真撮影、コピー制作、Web制作などの情報発信を支援することで関係性を築いた。その後、2017年9月に.science Inc.を創業。生産者をブランディングして、食材や加工品を販売する事業を展開する。化学農薬不使用のエディブルフラワーを卸・通販・研究開発する「食べられる花屋 EDIBLE GARDEN」はオンラインシェアNo.1に成長した。