TOP 敏腕キャピタリストの着眼点 ぶっ飛んだ個性を持つ起業家こそが、これからの歴史をつくる。【前編】

2022/06/28

1/1ページ

敏腕キャピタリストの着眼点

第27回

ぶっ飛んだ個性を持つ起業家こそが、これからの歴史をつくる。【前編】

  • 経営
  • 組織
  • Scrum Ventures 創業者兼ジェネラルパートナー 宮田 拓弥氏
  • 株式会社経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上 和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

スクラムベンチャーズ(創業者兼ジェネラル・パートナー:宮田拓弥氏)は、2013年にアメリカで創業したVCです。日米両国でアーリーステージのスタートアップへ投資するほか、子会社(スクラムスタジオ)において日本企業とグローバルスタートアップの新規事業創出も多数手がけている同社。そのスクラムベンチャーズを創業し、これまで100社に投資を行っている宮田氏に、2022年の同社の投資テーマと注目の投資先企業などをうかがいました。

 

アメリカで就職。2度の起業とイグジットなどを経てVCを設立する。

井上 まずプロフィールを簡単にご紹介させていただきます。宮田さんは早稲田大学大学院(理工学研究科薄膜材料工学)を修了し、EDS(現HP)のシステムエンジニアとして米国で就職。日米を行き来しながら、その後、米国ベンチャーの創業に参画。また自身でベンチャー創業し、それぞれで2回のイグジットを経験されています。その後は、ミクシィの米国法人CEOを務めつつ、個人としてのエンジェル投資を続けられ、40歳のときに2013年にスクラムベンチャーズを創業されました。宮田さんは、昔から投資事業などに関してご興味があったのですか。

 

宮田 いえ、全くなかったですね。もともと学生のときはサイエンスの道を目指していて、大学院のときに人生のピボットのような形で実業の世界に出ていこうと思いました。そこで経営者になっていく中で、経営者側の人間と、お金を出す側の人間の、ある種「エコシステム」のようなものが機能していることを理解し、40歳ぐらいになって今の会社をつくりました。そういう意味では、次のキャリアとして、若い人を支援する側であるベンチャーキャピタルを始めたという感じです。

 

井上 となると、経営者とはいえ、通常の事業を経営する、あるいは執行するといったこととはちょっと変わってくると思います。当時まだ40歳ですし、そうしたことへの未練――というと違うかもしれませんが、それに近い感情はなかったのでしょうか。

 

宮田 そうですね。40歳で支援する側に回ろうと思いつつも、僕と同じ年齢の人たち――例えば、グーグル創業者のラリー・ペイジとサーゲイ・ブリン、あるいは、テスラのイーロン・マスクなどは、まだまだ現役でやっています。そうした非常にアクティブな経営者を見ていると、「若い人を支援する」と偉そうに言っても僕たちにできることには限りがありますし、思うところはあります。
そうした意味で、2年前に、『スクラムスタジオ』という子会社をつくりました。これは井上さんがおっしゃる通り、ある種、自分たちがプレイヤーになって事業をつくっていく――自分たちもチャレンジして勝負していくという表れでもあります。

 ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 宮田 拓弥氏

    Scrum Ventures 創業者兼ジェネラルパートナー

    サンフランシスコと東京を拠点に、日米のテックスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタルを経営。これまでに、モビリティ、フィンテック、IoT、VR、コマース、ヘルスケアなど90社を超えるスタートアップに投資を実行している。それ以前は、米国で画像解析ソフトウェア、日本でモバイルサービスのスタートアップを起業し、日米両方でEXITを経験。2009年ミクシィのアライアンス担当役員に就任し、その後 mixi America CEO を務める。個人としてのエンジェル投資を続けた後、2013年スクラムベンチャーズ創業。早稲田大学大学院理工学研究科薄膜材料工学修了。

  • 井上 和幸

    株式会社経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年より株式会社リクルート・エックス。2010年2月に株式会社 経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 自ら2万名超の経営者・経営幹部と対面してきた実績・実体験を活かし、経営者力/リーダーシップ力/キャリア力/転職力/を劇的に高める【成功方程式】の追究と、その伝道をライフワークとする。