TOP イマ、ココ、注目社長! アプリで世界中のクリエイターを応援。音楽の喜びを広めたい。

2022/06/22

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第240回

アプリで世界中のクリエイターを応援。音楽の喜びを広めたい。

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • 株式会社nana music 代表取締役 社長CEO 文原 明臣氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

音楽で自分を表現したい。自分の歌をみんなに聞かせたい。そんな人たちの強い味方が音楽アプリ「nana」。スマートフォン一つで自分の歌声を世界中の人々と共有し、コラボレーションすることができます。2012年にiOS版をリリース。その後Android版も登場して、登録ユーザー数はすでに1000万人を突破。日本はもちろん世界中の人々に愛されています。

 

nanaを開発・運営する株式会社nana musicの代表取締役 社長CEOの文原明臣氏は、スティーヴィー・ワンダーに憧れて自ら歌を歌い、さらにモータースポーツの世界にチャレンジしてF1レーサーの夢を追いかけるなど異色の経歴を持ちます。その後、自身のアイデアを実現すべく2013年に起業。さまざまな困難を乗り越えて、nanaを世界中に広めるべく奮闘しています。これまでの歩みやnanaにかける思いなどについて、お話をうかがいました。

(聞き手/井上 和幸

 

音楽、そしてレーサーを目指した青春時代

――文原さんは、昔から音楽に親しんできたとうかがいました。ご自身でも歌っていらっしゃったそうですね。

 

文原 音楽に興味を持ったのは両親の影響が大きかったですね。両親は神戸の田舎で喫茶店を経営しています。幼いころから周囲に音楽があったので、逆に最初はあまり興味を持てなかったんです。でも、中2のころに音楽を聴き始めて。最初に買ったCDはB’zでした。そこから歌に関心を持つようになって、いろんな音楽を聴くうちにR&Bやブルースと出会いました。特に好きだったのがスティーヴィー ・ワンダー。あんなふうに自由に歌えたら……。そんな思いで、ストリートなどで歌うようになりました。

 

――その一方でモータースポーツにも熱心に取り組まれていたそうですね。一時はレーサーの道を目指されたということですが。

 

文原 兄がF1が好きでアイルトン・セナのファンでした。僕もそれに影響されて一緒にF1を見るようになりました。応援したのはセナではなくライバルのナイジェル・マンセルでしたが(笑)。
本格的に車に興味を持ったのは19歳で免許を取ってから。車を運転するのがとても楽しかったんです。当時はF1で佐藤琢磨選手が活躍していて、いつか自分も世界に飛び出したいと思ってレーサーを目指しました。自分のやりたいことをやって来て、それを応援してくれた両親にはとても感謝しています。

 

新たな夢を実現するためにnana musicを設立

――その後、レーサーの道を断念して起業されます。そこに至るまでにはどんなことがあったのでしょう?

 

文原 2010年の夏にお金も底...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 文原 明臣氏

    株式会社nana music 代表取締役 社長CEO

    1985年神戸生まれ。神戸高専在学中にF1レーサーを志し、モータースポーツの世界に飛び込むものの、挫折。その後、2010年のハイチ沖地震のチャリティー動画「We are the world for Haiti YouTube edition」との出会いを機に「世界中の人々が一緒に歌える世界をつくりたい」と考え、音楽コラボSNS「nana」を構想し起業。自身も音楽が大好き(シンガーを夢見た時期もあり)で、歌やピアノの伴奏などを「nana」に投稿して楽しむ人気ユーザー。5.2万人のフォロワーをもつ。