TOP 総集編!経営者・幹部の大切にしている言葉 CXOに聞く!大切にしている言葉:株式会社afterFIT CCO 前田 雄大氏

2022/07/21

1/1ページ

総集編!経営者・幹部の大切にしている言葉

第1回

CXOに聞く!大切にしている言葉:株式会社afterFIT CCO 前田 雄大氏

  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • キャリア
  • 組織
  • KEIEISHA TERRACE編集部 内藤 風香

当メディアにて取材をさせていただいた方々にお聞きしている、「大切にしている言葉」。
あの経営者・幹部は、どんな言葉を大切にしているのでしょうか。
大切にしている理由とともにお届けする本企画。

 

今回は、「CXOの羅針盤」特集にて取材させていただいた、
株式会社afterFIT CCO 前田 雄大氏の言葉をご紹介します!

 

東京大学から外務省に入省されるも官僚をやめ、ベンチャーに転職。
日本初の「最高脱炭素責任者」となった、 前田氏が大切にしている言葉は、

 

.

“面白きこともなき世を、面白く”

 

「人々が笑顔で暮らせる社会にしたい。」
外務省のころからずっと、この思いが根底にあります。

 

僕にとっては、そのための国益増進で、
前までは外交、いまは「脱炭素」という形で、
エンターテインメントしてきました。

 

世界で通用する、日本の”交渉の切り札”は、段々となくなってきていて、
長く不景気な状態が続いています。
それは外務省でひしひしと感じてきました。

 

だからこそ、僕は、この1つの“切り札”として、
「脱炭素」の可能性を感じ、民間企業に転職をしました。

 

この「脱炭素」を通じて、国益増進をし、
人々の生活が豊かになって、より笑顔あふれる日本にしたい。
常に世の中をエンターテインメントする存在でありたいと思っています。

 

( 前田 雄大 )

.

グリーンエネルギーで脱炭素を目指す環境ベンチャー、株式会社afterFIT。

前田氏は、外務省に入省されながら、ベンチャーに転職された、異色の経歴の持ち主です。

 

取材では、日本の将来がいかに危機的な状況であるか、
また、「脱炭素」の観点が、環境面だけでなく経済的にもいかに大切であるのか、
ということを強く感じました。

 

日本が世界経済のなかで生き残るためにも、「脱炭素」はとても重要な事業であるそうです。

 

前田氏はとても熱量のある方で、
お話も大変面白く、惹き込まれ、あっという間に感じた取材時間でした。

 

前田氏の思いを、記事に詰め込んでおりますので、
ぜひ、取材記事もご一読くださいませ。

 

プロフィール

  • 内藤 風香

    KEIEISHA TERRACE編集部

    明治大学卒業後、「経営者・幹部層を支援したい」という思いから2019年、経営者JPに入社。主にプラットフォーム事業本部で「KEIEISHA TERRACE」の取材記事掲載を担当する。