TOP 戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから 退職者が続出?!止まらない人材流出を食い止める鍵は、組織カルチャーにある

2022/05/19

1/1ページ

戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから

第29回

退職者が続出?!止まらない人材流出を食い止める鍵は、組織カルチャーにある

  • 組織
  • キャリア
  • 35CoCreation合同会社 CEO 桜庭 理奈氏

経営者の方々とお話をする中で、大きな悩みのひとつとなっているのが、人材流出です。もちろんコロナ前からも、優秀人材の流出は経営や人事の頭を悩ませる種でしたが、特に2021年の4月以降にかけて、業界は異なれど、それまでに直面したことのない未曾有の退職者、アメリカでは昨今「Great Resignation」(大量退職者が続出している状態)とネーミングをつけるほど、世界的に経営の大きな課題として注目されています。

 

先日MIT Sloanの社会的動向研究結果に目を通しました。それによると、2021年4月から9月にかけて、38業種を対象に、3400万人を対象にオンラインで調査を行ったところ、退職率は2%以下のところもあれば、30%以上を超えている企業も見られたとのことです。特徴としては、特に第一次産業や第二次産業、第三次産業における退職者の偏りがあるかと思われるところが、データでは産業に関わらず、業種によって退職率は高くも低くもあるという点です。その中では、第1位の退職率が高い業種がアパレルを含むリテール業となり、19%の退職率である中で、第2位の退職率が高い業種は、コンサルティングファーム業となり、16%、第3位はインターネット関連業種で、14%となっています。

 

また、業種の中でも、例としてメディアやエンターテインメント業を取り上げてみると、ワーナーブラザーズ社の退職率が6.2%であったことと対照に、ネットフリックス社の退職率が14.2%であったように、同業種の中でも退職率の差異が出ており、コロナ禍での人材流出に関する企業側の体験も、互いに異なったものを感じていると察します。

 

大量の人材流出を予測する鍵は、「人を蝕む組織文化」にあり

世界的にも高収益を挙げており、業界のマーケットリーダーとしての位置づけを誇っている企業で、業界のカルチャー(文化)を牽引する力のある500社を、先の記事の中では「Culture 500」と位置付けています。これら500社を対象に、2021年4月から9月まで行った調査によると、この期間の退職者の退職理由は、報酬関連ではないことがはっきりと出てきたのです。
実のところ、報酬を理由に止める退職者数と比較して、10.4倍もの確率で、「人を蝕む組織風土、カルチャーが理由」で退職していたというデータがたたき出されています。MIT Sloanの調査では、これを「Toxic corporate culture」、すなわち、「人をダメにすると感じる企業が持つ風土や雰囲気、カルチャー、振る舞い、常識、倫理観」を包含したものを意味して、そのように呼んでいます。その他の、退職理由として挙げられた、仕事の安定性や、イノベーションが起こる職場や、表彰やC...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 桜庭 理奈氏

    35CoCreation合同会社 CEO

    外資系金融企業での営業・企画推進を経て、人事へキャリアチェンジ。複数の外資系企業において、多国籍な職場環境で戦略的な人事を担当。2017 年より外資系医療機器メーカーであるGEヘルスケア・ジャパン株式会社の人事本部長、2019年から同社執行役員を務めた。2020年に35 CoCreation合同会社を設立。多様な業態や成長ステージにある企業で人事部長不在の企業間で、シェアドCHROサービスを開発提供し、経営・組織・リーダーシップ開発コーチング、アドバイザリー活動を伴走型で支援している。国際コーチング連盟認定コーチ。New Field認定コーチ。ロバート・キーガン博士が設立したMinds at Work公認・ITC(変化への免疫システム)マップの認定ファシリテーター。国際PADIダイビング協会・ダイブマスターとしても活躍中。