TOP イマ、ココ、注目社長! AIと秘密計算で、機密データを安全に活用し価値化する。【後編】

2022/05/13

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第233回

AIと秘密計算で、機密データを安全に活用し価値化する。【後編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • EAGLYS株式会社 代表取締役 CEO 今林 広樹氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

「AIモンスター」の異名を持つ今林広樹さんが率いるEAGLYS(イーグリス)は、秘密計算を中心としたデータセキュリティ技術と、AI設計技術の両方を得意とする会社です。現在、メンバーの国籍は8ヶ国以上、その約4割がPh.D.を持っているそう。これまでセキュリティの厚い壁に阻まれてきたデータを、暗号で守りながら収集・連携し、解析・活用するサービスを提供しています。あらゆるデータが安全に活用できる社会を目指して、物流・製造・商社・交通・金融・医療・行政など、様々な分野にアプローチし、活躍の幅を拡げています。
学生時代から起業を意識していたという今林さんは、シリコンバレーでの経験をきっかけにEAGLYSを立ち上げました。データセキュリティに着目した理由や、創業・組織づくりの経緯、経営に対する考え方を伺いました。

(前編はこちら

(聞き手/井上 和幸

 

企業間のデータ連携が拡がるように、事業を仕掛けていく

――改めて、御社のサービスについて具体的に教えてください。例えばコロナ禍で、携帯電話の位置情報を解析して人の流れを調査することが話題に上りました。このときは、docomoならdocomoのデータだけだったと思いますが、秘密計算の技術を使えば、複数のキャリアの位置情報を、プライバシーを侵さずに抜き出してきて、統合して分析できるようになるわけですか?

 

今林 その通りです。従来は引き出せなかったデータを、安全に引き出せるようになる。秘密計算、データセキュリティの分野には、まだマーケットが確立されていないので、まさにいまおっしゃったようなユースケースを積み上げていく段階にあります。

企業をまたいでデータを連携することで、新しい価値が生まれることを、デモをつくって見せていかなければならない。自分たちから企業の間に入って起爆剤を仕掛けていく。そういう意味で、本当にBizDevが重要でハードなフェーズだと思っています。ただ、データ連携が当たり前になる未来には、秘密計算はマストハブ(Must have)の重要技術になると確信しています。

 

――当社の人材系ビジネスにおいても、相応の経営者情報や幹部・マネジメント人材情報が蓄積されており、それを元に最近、「経営者力診断」をリリースしました。これは我々のデータマイニングからの1つのアウトプットですけれども、さらに幅広く企業の垣根を超えたマネジメント層の方々に関する人事データを解析できたら、もっといろんなことができるのになあ、とかねがね思っているんです。ぜひ秘密計算に期待したいですね。

 

今林 ありがとうございます。人事データには様々な可...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 今林 広樹氏

    EAGLYS株式会社 代表取締役 CEO

    早稲田大学大学院在籍中、米国でデータサイエンティストとして活動したことを契機に「AI・データ利活用時代」におけるデータセキュリティの社会的重要性を実感する。帰国後、科学技術支援機構の戦略的創造研究促進事業(CREST)研究助手を務めながらプライバシー保護ビッグデータ解析の研究に没頭。2016年大学院在籍中にEAGLYS株式会社を創業。 企業理念である「あらゆるデータを安全に活用できる社会の実現」に向けてAI解析とデータセキュリティ事業を展開し、日夜エンタープライズ企業を中心とした顧客支援と社会実装に奔走している。