TOP イマ、ココ、注目社長! AIと秘密計算で、機密データを安全に活用し価値化する。【前編】

2022/05/11

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第232回

AIと秘密計算で、機密データを安全に活用し価値化する。【前編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • EAGLYS株式会社 代表取締役 CEO 今林 広樹氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

「AIモンスター」の異名を持つ今林広樹さんが率いるEAGLYS(イーグリス)は、秘密計算を中心としたデータセキュリティ技術と、AI設計技術の両方を得意とする会社です。現在、メンバーの国籍は8ヶ国以上、その約4割がPh.D.を持っているそう。これまでセキュリティの厚い壁に阻まれてきたデータを、暗号で守りながら収集・連携し、解析・活用するサービスを提供しています。あらゆるデータが安全に活用できる社会を目指して、物流・製造・商社・交通・金融・医療・行政など、様々な分野にアプローチし、活躍の幅を拡げています。
学生時代から起業を意識していたという今林さんは、シリコンバレーでの経験をきっかけにEAGLYSを立ち上げました。データセキュリティに着目した理由や、創業・組織づくりの経緯、経営に対する考え方を伺いました。

(聞き手/井上 和幸

 

2度の起業チャレンジを経て、シリコンバレーで解決したい課題を発見

――大学でははじめ、脳科学を志したそうですね。

 

今林 脳の働きに興味があって、早稲田大学先進理工学部生命医科学科に進みました。知的好奇心を刺激される学問でしたが、ずっと講義を受けている気になれなくて、1、2年生のころは麻雀ばっかりやっていました(笑)。

 

――よく分かります。僕も学生時代はそうでした(笑)。でもいっぽうで、その当時から、いつかは起業しようというお気持ちがあったんですか?

 

今林 思い返せば高校時代から「いつかは何か事業をやる」と周りに言っていたんですよね。それはたぶん、環境のせいだと思います。祖父が会社を立ち上げ、母がそれを継いで、いまも現役の経営者なので、経営者になることは、身近な選択肢の1つでした。

 

――在学中に起業経験があるとか。

 

今林 会社設立には至らなかったんですが、あるベンチャー企業が起業家を育成するインキュベーション事業を興そうとしたときに、実質的なナンバー2の立場で参画しました。マーケティングのWebサイトを立ち上げて記事を書いたり、言ってみれば裏方ですが。

 

――理系の学生は忙しいのに、すごいですね(笑)。

 

今林 授業にはほとんど出ていませんでしたから(笑)。それがちょうど2年から3年になるころで、「このままではまずいぞ」と将来を考え始めて。大学院では、生命科学から情報工学に転向しました。同級生とは4年のハンデがあるので大変でしたが、このときは猛勉強して、なんとかキャッチアップできました。

 

――そのころ、シリコンバレーにも行かれたんですよね。

&nb...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 今林 広樹氏

    EAGLYS株式会社 代表取締役 CEO

    早稲田大学大学院在籍中、米国でデータサイエンティストとして活動したことを契機に「AI・データ利活用時代」におけるデータセキュリティの社会的重要性を実感する。帰国後、科学技術支援機構の戦略的創造研究促進事業(CREST)研究助手を務めながらプライバシー保護ビッグデータ解析の研究に没頭。2016年大学院在籍中にEAGLYS株式会社を創業。 企業理念である「あらゆるデータを安全に活用できる社会の実現」に向けてAI解析とデータセキュリティ事業を展開し、日夜エンタープライズ企業を中心とした顧客支援と社会実装に奔走している。