TOP 経営者力診断リリース記念スペシャルトークライブ 【小杉俊哉氏×井上和幸】「リーダーシップ1.5(調整型)」から「3.0(支援型)」「4.0(自律型)」へ

2022/05/20

1/1ページ

経営者力診断リリース記念スペシャルトークライブ

第8回

【小杉俊哉氏×井上和幸】「リーダーシップ1.5(調整型)」から「3.0(支援型)」「4.0(自律型)」へ

  • 組織
  • マネジメント
  • 合同会社THS経営組織研究所 代表社員 小杉 俊哉氏
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上 和幸

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >>

 

 

2022年2月24日(木)、スペシャルトークライブ「ポストコロナのリーダーシップ」が開催されました。経営者JPの「経営者力診断」リリースを記念するイベントです。
リーダーシップ論の専門家である小杉俊哉さんをお招きし、弊社代表取締役社長・CEOの井上和幸と、これから目指すべきリーダーシップのあり方について、ご参加の皆さまのご意見も踏まえながら語り合いました。対談を編集し、前後編に分けてお届けします。

 

(前編)コロナ禍におけるリーダーシップの課題とは?

(後編)「リーダーシップ1.5(調整型)」から「3.0(支援型)」「4.0(自律型)」へ

「リーダーシップ1.5(調整型)」から「3.0(支援型)」「4.0(自律型)」へ

小杉 リーダーシップ論は「the most studied and the least understood area」といわれます。つまり、研究され尽くされているが、よく分かっていないと。そこで私は、それぞれの時代を代表するリーダーシップのタイプを内容を時代に沿って整理してみました。

リーダーシップの原型は、西洋の王様や領主、日本なら藩主といった権力者にあります。強大な権力のもとに下々の者を従える。このリーダーシップを産業界に持ち込んだのがフォードの創設者、ヘンリー・フォードです。職人を集めて機械の一部のように使いました。彼はこう言ったそうです。「私は手が欲しくて職人を雇っているのに、なんで頭がついてくるんだ」と。こうした中央集権的な、コマンド&コントロール型のリーダーシップが「リーダーシップ1.0」です。

 

1920年代の後半に入ると、1人の人間がすべてを仕切るのは難しくなります。そこで生まれたのが、複数の人間に権限を与える「分権」という発想で、ゼネラルモーターズのアルフレッド・スローンという人が始めたと考えられています。日本で松下幸之助が事業部制を始めたのと、ほぼ同じ時期です。ただ、権限は分かれても、背景に権力があることは変わりません。なのでこれは「リーダーシップ1.1」です。

 

1960年代から台頭してきた「調整型リーダー」は、まさに日本的なリーダーのあり方です。運命共同体の船長、家父長的なリーダーですね。長期雇用、労使協調、年功的な給与運営。会社が社員の面倒を見るから、その代わりに指示に従え、と。これが「リーダーシップ1.5」で、80年代には北米の優良企業も、日本的な、家族的な経営を行っていました。

 

それが、90年代に入ると、そんな生ぬるいことでは会社が潰れる、チェンジ、チャレンジ、イノベーション、トランスフォーメーションで自転車を漕ぎ続けろ、という時代になりました。そこで登場したのが...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 小杉 俊哉氏

    合同会社THS経営組織研究所 代表社員

    早稲田大学法学部卒業後、日本電気株式会社(NEC)入社。 マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学大学院修士課程修了。 マッキンゼー・アンド・カンパニー、ユニデン株式会社人事総務部長、アップル人事総務本部長兼米アップル社人事担当ディレクターを経て、39歳で独立。 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授などを経て、合同会社THS経営組織研究所を設立。元立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科客員教授。慶應義塾大学大学院理工学研究科特任教授。 著書に、『起業家のように企業で働く』、『リーダーシップ3.0』などがある。

  • 井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。