TOP イマ、ココ、注目社長! ビリギャルから起業家へ。いま求められる「購入する理由」。【後編】

2022/03/18

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第217回

ビリギャルから起業家へ。いま求められる「購入する理由」。【後編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • 株式会社ICHIGO 代表取締役社長 近本 あゆみ氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

2015年の創業時は、「問屋にお菓子を売ってもらえない」状態だったICHIGO。それから、わずか6年で売り上げ40億円を突破しました。外国人は、同社が販売する「お菓子のサブスク」のなにに惹かれ、購入されているのでしょうか?
同社を率いる近本あゆみ氏は、2021年にスタートした日本の和菓子を集めて届けるサブスク「Sakuraco(サクラコ)」が大ヒットしたことで、その理由が「日本の文化の力」にあると実感しました。社員の7割を占める外国人や、SNSでつながる外国人のファンの考え方や価値観を大切にすることが、その急成長を後押ししています。

(前編はこちら

(聞き手/川内 イオ

 

約50軒の問屋に取引を断られる

――2015年に「ICHIGO」を立ち上げ、日本の駄菓子やスナック菓子、ソフトドリンクなど約15個のアイテムを箱に詰め込んだボックス「TOKYO TREAT」を海外向けに毎月届けるサブスクを始めました。インドネシア人のパートナーとふたりで起業されたとか?

 

近本 彼は4か国語を話せる中国系インドネシア人で、友人でした。海外向けのECをやろうとしているのに、私はあまり英語が得意ではないので、起業前、「一緒にやってくれる人、いないかな」と相談したんですよ。そうしたら、「一緒にやろうか」という話になったんです。
というのも、彼は日本の大学を卒業しているのですが、大学院時代、アメリカに留学したときに日本食が恋しくなって、車で何十分もかけて日本食の居酒屋に通っていたそうで。「日本の食文化はクオリティが高いから、海外の人はお菓子も絶対に好きだと思う」と言っていました。

 

――それは素敵な出会いですね。当時は、どのような役割分担をされていたんですか?

 

近本 彼がエンジニアなのでサイトの設計をしてもらい、マーケティング、カスタマーサポートなど、外国人の感覚が必要なところも彼に任せました。私は会社設立や、商品の選定、メーカーとの交渉、買い付け、梱包、配送をしました。

 

――サイトを開いて、最初の注文が入ったのはいつでしたか?

 

近本 多分、2、3日してからですね。当時は自分の家で仕事をしていて、注文が入ったら壁に貼ってあるカレンダーにマルをつけていたんです。でも、ぜんぜん、注文がなくてマルがついたり、つかなかったりという日が1カ月ぐらい続いて、売り上げはないに等しいという感じでした。

 

――焦りは感じませんでしたか?

 

近本 特にありませんでした。別にこれがうまくいか...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 近本 あゆみ氏

    株式会社ICHIGO 代表取締役社長

    大学卒業後、リクルートに入社。入社2年目から国内向け通販新規事業の立ち上げに参加。その頃、インバウンドの外国人が爆発的に増加したこと、外国人が日本にきて必ずお土産にお菓子を購入する様子をみて、海外向けの通販事業をスタート。通販事業の経験を活かし、お菓子は幅広い人に受け入れられると考え『TOKYO TREAT』を2015年より開始し、現在はお菓子だけでなく、コスメや雑貨、クレーンゲームアプリなど6つのコンテンツを取り扱っている。