TOP イマ、ココ、注目社長! 独自のAIでファッションへのかかわり方を拡大したい。 【後編】

2022/03/09

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第214回

独自のAIでファッションへのかかわり方を拡大したい。 【後編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • 株式会社DROBE 代表取締役社長 CEO 山敷 守氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

株式会社DROBEは、「ファッションから、日々を楽しもう。」をコンセプトに、オンラインで完結するパーソナルスタイリングサービス「DROBE(ドローブ)」を展開しています。ファッション誌や芸能人のスタイリング、店頭での販売などを経験したプロのスタイリストとDROBE独自の「スタイリング AI」が、顧客の嗜好や体型、予算に応じた商品を協働でスタイリングし、セレクトした商品を定期的に提供するというものです。
代表取締役社長 CEOの山敷守氏は、東京大学在学中から事業を起こし、新卒でディー・エヌ・エー(DeNA)に入社しました。

そしてさまざまなプロジェクトに関わり、BCG Digital Venturesの日本拠点の立ち上げに参画。それらの経験を活かしてDROBEを設立されています。山敷氏に志を抱いた経緯や、DROBEの取り組みを伺いました。

前編こちら

(聞き手/井上 和幸

 

WARDROBEからWAR(戦争)を取るとDROBEになる

──三越伊勢丹のプロジェクトから始まり、DROBEを立ち上げられました。

 

山敷 2018年頃からプロジェクトとしてスタートし、その年の後半には「これでやろう」と決め、2019年4月にDROBEを設立しました。設立に踏み切ったのは、2018年頃にはユーザーの数も見えていて、事業の可能性も分かっていたからです。一定の初期的な技術の検証もできていたので、事業として成功すると確信しました。立ち上げ時は三越伊勢丹の子会社でしたが、2021年の5月にMBOしました。

 

──MBOしたのは三越伊勢丹の意向や判断が入るからですか?

 

山敷 三越伊勢丹には単純に会社を作るだけでなく、投資していただく。それはお金もそうですが、人的シグナルやブランドさんとの関係値も含めて。そこの意思決定は理解していただけました。

 

──社名はどのように決められたのでしょう。

 

山敷 サービス名=社名にしようというのは大前提として考えていました。まず最初にサービス名をどうしようかと考えたのですが、覚えやすく、ファッションに関連した名前をいくつか候補として出しました。
DROBEはWARDROBE(ワードローブ)から来ています。イギリスなどではDROBEだけでワードローブを指します。我々はユーザーインタビューをして、お客様のご自宅のお伺いしてクローゼットを見させていただいたのですが、それがとても象徴的でした。ネイビーのワンピースしかない。買ったのはいいけれどタグすら切らずに放置されているなど、我々が解決したい課題がワード...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 山敷 守氏

    株式会社DROBE 代表取締役社長 CEO

    東京大学在学中、学生向けSNS「LinNo」を立ち上げる。 2010年、新卒でディー・エヌ・エー(DeNA)に入社。 ヤフーとの事業提携などを成功させた後、 無料通話アプリ「comm」の立ち上げプロジェクトの責任者に。 2016年にBCG Digital Venturesの日本拠点の立ち上げフェーズから参画し、 様々な大手企業との新規事業開発に取り組む。2019年4月DROBEを設立し代表に就任。