TOP CxOの羅針盤 声にならないニーズをどう拾い上げるかが重要な視点である。【前編】

2022/01/20

1/1ページ

CxOの羅針盤

第13回

声にならないニーズをどう拾い上げるかが重要な視点である。【前編】

  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • キャリア
  • 組織
  • 株式会社リチカ CMO 田岡 凌氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

田岡凌氏は京都大学を卒業後、新卒でネスレ日本に入社し、「ネスカフェ ドルチェグスト」や「ミロ」のブランドを担当。その後、WeWork Japanに転職し、ブランドマーケティング責任者として活躍されました。現在はリチカに参画されて、CMO(最高マーケティング責任者)という立場で事業を推進されています。一貫してマーケティングに関わってきたことから、外資系と日本企業、レガシーとスタートアップにおけるマーケティングの違いなどを伺いました。

 

(聞き手/井上和幸)

グローバルで規格化された方法論

井上 京都大学 経済学部を卒業後、ネスレ日本へ入社されています。就活ではどのような観点から仕事と就職先を選ばれたのでしょう?

 

田岡 関心があったのは、人の心を動かすコンテンツやコピーライティングでした。特にコピーライティングの領域に興味を持っていて、経済学部という専門性と、自分自身興味の高いコピーライティング、表現という軸で近しい仕事はないかと調べたところ、マーケティングという職を知りました。マーケティングには幅広い領域や考え方があるなか、外資系企業のグローバルスタンダードなマーケティングを学びたいと考えました。

 

当時、外資系企業のなかでマーケティング方面で働ける会社はいくつかありましたが、内定をいただいた一社がネスレ日本でした。ちょうど新卒でマーケティングに携わることができるチャンスをいただき、チャレンジをすることにしました。

 

井上 それはすごいですね。

 

田岡 もちろん、自分自身、単純にコーヒーが好きだったということもあります。この企業の商品のマーケティングに携われるなら、それはとても幸せなことだと思い入社しました。

 

井上 ネスレ日本は当時、日本社長の高岡浩三さんが、トップでありながらも天才マーケッターでした。1番望ましい場所に入られたと思います。

 

田岡 そうですね。高岡氏が社長になり、彼のマーケティングの考え方が、マーケティング部署はもちろん、組織全体に実装されていくのを目の当たりにしました。私もそのなかでマーケティングをインストールしてきた実感があります。

 

具体的に言うと、過去のデータリサーチも大事にしながらも顧客起点であるn1で、顧客の課題から徹底的に考えること。自分自身もn1として感じる課題を大切にする。また、リーンでさまざまなことを進めていく。その高岡氏の教えは、自分自身のマーケティングの向き合い方にも大きく影響していると感じています。

 

アジャイル、リーンでさまざまなプロジェクトを回すなか...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 田岡 凌氏

    株式会社リチカ CMO

    京都大学 経済学部卒業後、ネスレ日本株式会社へ入社。「ネスカフェ ドルチェグスト」や「ミロ」のブランド担当として商品開発、リサーチ、コミュニケーション・販売促進企画の開発などを経験。WeWork Japanではブランドマーケティング責任者として、マーケティング戦略の立案から実行までを担当し、国内約30拠点以上のオープン、集客に貢献。ブランディングからマーケティング、新規事業開発まで幅広く経験。Gallup認定ストレングスコーチ。2021年3月、株式会社リチカへ参画、CMO (最高マーケティング責任者)に就任。広報・マーケティングを管掌しながら、事業会社を中心としたマーケティング支援にも関わる。