TOP 経営幹部・エグゼクティブのためのキャリア&転職を考える 内定確度を上げる職務経歴書の書き方

2022/01/14

1/1ページ

経営幹部・エグゼクティブのためのキャリア&転職を考える

第21回

内定確度を上げる職務経歴書の書き方

  • キャリア
  • 株式会社 経営者JP ビジネスディレクター 端野 拓

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

突然ですが、転職活動において職務経歴書の重要性を皆さんはどのようにお考えでしょうか。

 

日々経営幹部のみなさんの転職支援をさせていただく中で、職務経歴書を拝見する機会を多くいただいています。そういった中で僭越ながら職務経歴書の作成に関するアドバイスなどさせていただくこともあるのですが、みなさんのお手元にある職務経歴書は機能を最大限発揮できているでしょうか。

 

今回は経営幹部の転職において、内定確度を上げる職務経歴書を作るために確認したい2つのポイントについて解説していきます。

 

ポイント1:これまで何をしてきた人なのか過不足なく説明できているか

一つ目のポイントは、ご自身がこれまで歩んできたキャリアがしっかりと説明されているかです。

 

よく記載内容が多くなってしまうことに対するご質問をいただきます。
重複する内容が多かったり、だらだらと冗長的な文章になったりしている場合を除きますが、結論から申し上げると情報量が多いが故に職務経歴書の記載内容が多くなること自体は何の問題でもありません。むしろこの記事を読んでいただいている経営幹部のみなさんであれば、記載する内容が多いに決まっている、くらいのご認識を持っていただいてもいいように思います。

 

各社、各部署にて、いつ、どんなポジションで、どのような職務を任されて、どういった貢献をされてきたのか、抜けもれなく明記するようにしましょう。担当業務を「経理財務部長として経理・財務業務全般のマネジメント」といったようにまとめる方をたまにお見かけしますが、業務内容や管掌領域は具体的に記載するに越したことはありません。

 

例えば、資金調達に強みのある方をCFOとして採用したいといったニーズがある募集をかけた企業の書類選考担当者は、調達実績に関しての記述を中心にどういったご経験を積まれてきているのかを確認したがることは容易に想像できると思います。その際に参考になる情報が「経理財務全般」といったものであると、記載されている内容が、採用企業側が求めている要件にマッチするのかを判断する材料としてはよいものとは言えないでしょう。抽象的な表現ほど採用企業側が当該ポジションに明確に求める経験を満たしているかどうかという観点で読み手に情報が届きにくくなってしまうことがあるので、「何ができる人なのか」「これまで何をしてきた人なのか」が読み手に伝わるように過不足なく、かつ、具体的に職務内容を記載できているのか確認してみましょう。

 

ポイント2:読み手が再現イメージを想起できる実績の記載の仕方ができているか

職務内容の次に確認すべきは実績の記載です。

 

実績と聞くと「事業部長就任後、初年度で事業成長率昨対120%を達成」や「経理財務部長として経営陣に新規会計システムの導入を提言、導入のためのプロジェク...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 端野 拓

    株式会社 経営者JP ビジネスディレクター

    大学卒業後、学習塾を運営する(株)湘南ゼミナールに入社。高校受験指導部にて教室長、エリアマネジャーを務め、営業活動や人材育成に従事。その他にも新卒・中途の採用活動や人事部、経営企画部の新規プロジェクト、ICT教育事業の立ち上げにも参画し、社内活動においても貢献。入社から人の採用や育成に関わる業務を多く担当させてもらっていたこと、マネジャー昇格後に採用の重要さを痛感する出来事を多く経験したことから、より人材の採用や育成に注力できるフィールドで働きたいという想いを持ちヴォイスキャリアコンサルティング(株)へ転職し、人材紹介事業部にて転職エージェントとして第二のキャリアをスタート。教育、建築、不動産、HRサービス業界を中心に、プレイングマネジャーとして20代~50代の求職者の転職活動と、企業の採用活動を両面で支援。営業活動以外にも新入社員向け研修の企画・運営や自社の採用活動なども担当。2021年1月、企業や事業の発展・継続によりダイレクトに貢献できる場を求め、経営者JPに参画。日々、職種・年代問わず多くのリーダー人材の方とお会いしながら、これまで自身の関わってきた教育、HRサービス業だけでなく、食品メーカーやITベンチャー企業、PEファンドを中心に幹部採用のご支援をしている。

    <実績>
    大手食品メーカー:デジタルマーケ部長(40代)
    大手広告代理店:新規事業セールスマネジャー(40代)
    美容ヘアサロン運営会社:経理財務部長(50代)
    PEファンド:事業承継/投資先社長(30代)