TOP 経営幹部・エグゼクティブのためのキャリア&転職を考える 大手企業からベンチャー経営幹部への転職を失敗させる5つの要因

2022/01/07

1/1ページ

経営幹部・エグゼクティブのためのキャリア&転職を考える

第20回

大手企業からベンチャー経営幹部への転職を失敗させる5つの要因

  • キャリア
  • 株式会社 経営者JP ディレクター 兼 カスタマーサクセス本部 部長 兼 マーケティング本部 部長 兼 テクノロジー推進本部 部長 鳴海 幸仁

ニュースアプリ運営のスマートニュース、クラウド型人事労務サービスを提供するSmartHRなど、時価総額10億ドルの未上場企業であるユニコーン企業をはじめ、事業規模が拡大し、経済への影響力を増しているベンチャー企業が増えています。
事業の拡大に伴い幹部採用ニーズも高まっており、当社には社員数が100名を超えるような拡大期のベンチャー企業のマネジャーやCxOと言われる経営幹部採用のご相談が多くなっています。
数年前までは、ベンチャー企業の経営幹部は、同規模かそれ以上の事業規模のベンチャー企業から獲得することが多かったものの、最近は大手企業から経営幹部採用も積極的に行っています。

 

そういった流れの中で、大手企業からベンチャー企業へ経営幹部として期待されて転職したものの、力を発揮できないまま退職、再転職を検討される方が一定数で発生しています。
しかし、こういった方々はベンチャー経営幹部としての、スキルが不足しているわけではありません。

 

大手企業からベンチャー企業へ転職し、経営幹部として失敗する5つの要因を通じて、ベンチャー経営幹部として求められることを考察していきます。

 

家族の応援を得られない

1つ目の要因は「家族の応援を得られない」です。

 

大手企業からベンチャー企業へ転職して、家族からの応援がないために、思う存分に仕事ができないまま、転職を失敗で終わらせてしまう方は少なくありません。

 

ご自身の意気込みとは裏腹に、ご両親、配偶者やパートナーといった家族はベンチャーで働くことに否定的な場合、「残業が多く心配」「将来が不安」「安定した企業に戻ってほしい」など、以前に勤めていた大企業と成長過程にあるベンチャー企業を比較しがちです。
ただでさえ忙しいベンチャー企業で、大企業との比較において家族から「できれば大企業に戻ってほしい」といったことを言われ続ければ、心が折れてしまいます。

 

一方でベンチャー企業への転職を応援してもらえる方は、家族も巻き込むような形でベンチャーでのチャレンジを楽しんでいらっしゃいます。昨年、海外子会社の役員なども務めた大手企業の部長クラスの方の転職のご支援をしました。
ベンチャー企業でチャレンジしたいと相談をいただいた段階で、ベンチャー企業へ転職する意味などをご家族に説明していらっしゃっており、無事に上場準備中の100名規模のベンチャー企業へ入社されました。
入社して半年後にお会いした際には「予想以上に大変ですが、刺激的でやりがいのある毎日を送っています」とおっしゃっています。

 

大企業に在籍していた時は流れに身を任せても、事が進むかもしれませんが、ベンチャー企業...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 鳴海 幸仁

    株式会社 経営者JP ディレクター 兼 カスタマーサクセス本部 部長 兼 マーケティング本部 部長 兼 テクノロジー推進本部 部長

    1982年茨城県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、株式会社レインズインターナショナルに入社。外食業界の新興企業として急成長していた同社に魅力を感じ、居酒屋店員としてキャリアをスタートする。入社4ヶ月で都心ビジネス街立地店舗の店長に抜擢。店舗運営を通じて経営、人材マネジメントの重要性、難しさを知る。自身の経験を広げたいとIPO準備中のITベンチャーへ転職し大手企業向けサービス構築に従事。 その後、不動産広告会社へ転身。同社では業界慣例に捕らわれない取り組みで、営業部門トップに就任。大手企業10社以上が集まるイベントを成功させるなど、事業拡大に寄与した。2014年10月、経営者JP入社。現場視点で泥臭く事業に取り組みながら、経営者のそばで企業経営、組織づくりの課題と向き合ってきたリアルな自身の体験から、クライアントの潜在的な課題を見つけ出すことを得意とし、「鳴海さんからのご紹介ならお会いしたい」という言葉をクライアントからお預かりし、経営人材・幹部人材の採用を成功に導いている。 また、経営者同士をつなぐクローズドの交流会を開催するなど、様々な形で出会いの場をプロデュースすることで人材採用に限らず経営者を支援している。経営者の思い描く未来の実現に向けた、経営層・経営幹部層のより良い出会いの演出を通じた人と組織の活性化、そして日本を活性化させることがライフワーク。