TOP 経営幹部・エグゼクティブのためのキャリア&転職を考える 経営人材・幹部人材が、転職したあとに成功するための心構え

2021/12/29

1/1ページ

経営幹部・エグゼクティブのためのキャリア&転職を考える

第19回

経営人材・幹部人材が、転職したあとに成功するための心構え

  • キャリア
  • 株式会社 経営者JP ビジネスディレクター 安藤 浩佑

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

 

経営陣・幹部陣としてご入社される皆様は、経営者からの熱い期待を受けながら、会社として重要な課題・ミッションに向き合っていただくことになります。その期待に応えて入社後に期待以上の大活躍をされる方もいれば、あいにくと上手く成果に繋げることができず、場合によっては早期に新天地を探し始めるなど、望ましくない結果になってしまう方もいます。

 

この両者の差は、なんでしょう?スキルや専門性の違いと思われる方が多いかと思いますが、実はそれ以前に、小さな心構えの違いである場合がほとんどです。
ここでは経営幹部としてご入社後、スムーズに成功いただくために、入社時点からその後において持っていただきたい4つの心構えをご紹介いたします。

まずは人間関係・周囲の信任の構築から始める

当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、まずは人間関係・周囲の信任の構築から始めることが、中長期的に成果を出していく上で非常に大切なことです。
皆さんのミッションはプレイヤーとしてではなく、部下・他部署・外部関係者を巻き込む必要のあるものがほとんどのため、周囲との関係構築が非常に大切なのですが、経営層からの期待通り「改革するのだ」という意気込みが強く、転職してまだ間もない時期から大きな変化を生み出そうとすると、周囲からの反発を買う可能性があります。
もちろん意気込みや、時に力強く物事を進めることは重要ですが、それと並行して「新参者である」という意識も持ち、社内を理解するための情報収集や、ささいなコミュニケーションによる関係構築を怠らないでください。

 

また信頼を得る手段として、まずは目に見える小さな成果を積み重ねることも大切です。
転職経験のある方の中には、入社した直後に「思ったより、職場が歓迎ムードでは無い」と感じたことがある方もいるのではないでしょうか。経営層からの期待が大きい役職やミッションであればなおのこと、周囲からは力量・人柄・距離感を推し量る目があることや、場合によっては上の席が外部からの人によって埋められたとネガティブに認識されることがあり得ます。
多くの社員にとっては、選考中は皆さんとの関わりはなく、急な話として入社を受け入れることになるので想像に難くないことなのですが、既存の方々へのリスペクトを忘れず、コミュニケーションを取ることを大切にしていただければと思います。小さな改善を以て、周囲の方々にとっても「〇〇さんが来てくれて良い変化が起きている」と認識されれば、いざ大きなプロジェクトを進める際にも、皆さんにとって非常に大きな力となってくれるはずです。

入社前のイメージと、大小様々なギャップが発生することを覚悟する

新天地を決められた方からその後の近況を伺った際、「ギャップが何も無く思った通りの環境だった」という声はほとんど聞きません。「思っていたより...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 安藤 浩佑

    株式会社 経営者JP ビジネスディレクター

    1992年東京生まれ。上智大学総合人間科学部心理学科卒業。学生時代は国際教育支援団体の有志での立ち上げ・運営に関わり、東南アジアの発展途上国への教育支援活動に力を入れる。現地の行政や地域の人々との関わりの中で、モノを与えるだけでは有益な支援とはならず、事業性・持続性・自立性を生み出すことこそが必要だと痛感。事業や経営の運営に関して興味を持つ。事業に対して、現場視点だけではなく俯瞰的な視点を持てるポジションを探し、株式会社光通信の管理部署に新卒入社。複数事業部のアウトバウンド営業における、営業戦略の考案・立てつけ・データ分析と、営業システム管理・開発に従事。事業責任者・パートナー会社・法務財務などの管理部署・外部業者等、多くの部署の知見を集約し、事業施策やシステムに落とし込む調整役として活躍する。 多くの事業責任者との関わりを通じて、「どの企業も共通して抱えるヒトの問題を通して、より多くの経営課題の解決や事業の推進に関わりたい」「営業の場に立ち、自身に課せられた明確な数値目標を追いたい」という想いから、2017年10月、経営者JP入社。前職で身につけたコミュニケーション力・スピード感を活かして、経営者・リーダー層の人材に対し「自分でしか創出できない価値」の提供を目指す。