TOP KEIEISHA TERRACEセミナー  ナレッジライブラリー 【トークライブ】御社の価値や伝統を磨き直し、次の世代につないでいく ~令和の事業承継について語り合おう~ (vol.3)

2021/12/17

1/1ページ

KEIEISHA TERRACEセミナー  ナレッジライブラリー

第28回

【トークライブ】御社の価値や伝統を磨き直し、次の世代につないでいく ~令和の事業承継について語り合おう~ (vol.3)

  • 組織
  • マネジメント

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >>

 

 

2021年9月21日(火)、オンライントークライブ「御社の価値や伝統を磨き直し、次の世代につないでいく~令和の事業承継について語り合おう~」が開催されました。
日本企業全体のこれからの重要課題であり、メディアでも多く取り上げられている事業承継問題。後継者をどう見つけるのか? なくなってはほしくない企業やお店をどうすれば存続できるかなどを考えるセッションです。矢島 里佳氏(株式会社和える 代表取締役)と井上 和幸(弊社代表取締役社長・CEO)の2人が、フランクに語り合いました。
対談を編集し、3回にわたってお届けします。

(vol.2はこちら)

 

井上 根底にある想いや考え、そこに光が当たらなくなっていたら、「そういうことを大切にするためには何をやればいいのか?」と展開していくのですね。

 

矢島 そうです。前経営者のこだわりが何だったのかを聞く。単純に「お釣りが100万円分ありました」ではなく、そこに至ったプロセスを一度紐解いていくことを、和えるのリブランディングでは大切にしています。

 

井上 なるほど。少し近しいなと思ったのが、当社で少し前にお手伝いをさせていただいた会社様です。
当社では、ヒト・組織のところを主にフォーカスさせていただいていますが、当社主催の経営講座に来て下さったことでご相談をいただきました。
西日本にある3代目社長予定のご子息で、話を聞いてみると「何か新しいことをやらなきゃまずいんじゃないか」と。「デジタルやグローバルを、自分の会社も足をかけていかないといけないんじゃないか」と悩んでいらっしゃいました。

 

見つめ直してみると、会社の強みを持っていらっしゃる。会社がカバーされていらっしゃる地域を見たら、そんなことはやらなくてもいいんじゃないのかという結論になりました。
それは、時代に逆行していると見えるかもしれませんが、「グローバルだ。世界に出店していこう」と考えるより、長いお付き合いで、良いお客様を持ってらっしゃるから、そのヒューマンタッチを、これまで通り以上に光を強く当てて、やっていく方がいいんじゃないか、ということなんです。
その方は「そうかもしれない」と思われ、当初、考えたい方向とは違う方向に舵を切ることになったのですが、その後、上手くいき、会社として成長を続けてらっしゃる。そういうこともあります。

 

さて、参加者の方からのご質問です。「矢島さんの得意とされる、伝統産業においては、職人的技術力の育成と承継の難しさがあると思います。例えば、大谷翔平を率いる監督を引き継ぐのと...

こちらはプラチナメンバー限定記事です。
プラチナメンバー登録(年間11,000円or月間1,100円)を
していただくと続きをお読みいただけます。

※登録後30日間無料体験実施中!

プロフィール

  • 矢島 里佳氏

    矢島 里佳氏

    株式会社和える 代表取締役

    1988 年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業、慶應義塾大学大学院政策・メディア 研究科修了。職人と伝統の魅力に惹かれ、19 歳の頃から全国を回り始め、大学時代に 日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。「日本の伝統を次世代につなぎたい」 という想いから、大学 4 年時である 2011 年 3 月、株式会社和える創業。2012 年 3 月、 幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、“0 歳からの伝統ブランド aeru”を立ち上げ、日本全国の職人と共にオリジナル商品を生み出し、オンライン直営 店から始まる。2014 年には事業拠点となる東京「aeru meguro」、2015 年京都「aeru gojo」 をオープン。「ガイアの夜明け」(テレビ東京)にて特集される。 その他、日本の伝統や先人の智慧を、暮らしの中で活かしながら次世代につなぐために 様々な事業を展開中。 世界経済フォーラム(ダボス会議)「World Economic Forum - Global Shapers Community」メンバー。2015 年 第 4 回 日本政策投資銀行(DBJ)「女性新ビジ ネスプランコンペティション」にて、女性起業大賞受賞。2017 年 第 2 回 APEC「APEC BEST AWARD」にて、APEC best award 大賞、Best social impact 賞をダブル受賞。京都 市文化芸術産業観光表彰「きらめき大賞」を受賞。 著書『和える-aeru- 伝統産業を子どもにつなぐ 25 歳女性起業家』(早川書房)、『やり がいから考える 自分らしい働き方』(キノブックス)その他 3 冊あり。 和える WEB:http://a-eru.co.jp オンライン直営店:https://shop.a-eru.co.jp 東京「aeru meguro」: https://a-eru.co.jp/meguro 京都「aeru gojo」: https://a-eru.co.jp/gojo

    この登場者の記事一覧をみる
  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる