TOP 戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから セルフ・ハンディキャッピングしていませんか:自分を過小評価することやめる2つのステップ

2021/12/02

1/1ページ

戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから

第22回

セルフ・ハンディキャッピングしていませんか:自分を過小評価することやめる2つのステップ

  • 組織
  • キャリア
  • 35CoCreation合同会社 CEO 桜庭 理奈氏

最近「セルフ・ハンディキャッピング」する、というワードを初めて知りました。
調べてみると、心理学から派生している言葉で、たとえ失敗しても、自尊心を保てるように、あらかじめ自分にはハンディキャップがあると主張したり、実際にハンディキャップを作り出してしまうことをいうそうです。例えば、試験の前に風邪で勉強が十分にできなかったと言い訳をして、予防線を張ることや、持てる時間のすべてをテスト勉強につぎ込んで良い結果を出すべきなのに、あえて貴重な時間を無関係な用事に割くという、不利な条件(ハンデ)を自分自身に課し、やるべきことを先延ばしにしてしまうことを指します。

 

元々は心理学者のスティーブン・ベルグラスとエドワード・ジョーンズがセルフ・ハンディキャッピングと名付け、提唱したことが始まりです。彼らは著書の中で、セルフ・ハンディキャッピングを、「特定の行動における困難に対し、あらかじめ積極的に対処しておくことで、自分の能力に関するイメージを守る手段」と定義しています。

 

またセルフ・ハンディキャッピングには、2種類あるようです:
・遂行的セルフ・ハンディキャッピング
・主張的セルフ・ハンディキャッピング

 

遂行的セルフ・ハンディキャッピングとは、試験など重要で困難な問題の直前に「努力を放棄する」「飲酒する」「徹夜する」のような行為を取り、全力を出さないハンデを自分に負わせることで、もし結果がでなくても、「万全の状態ではなかったから、しょうがない」と受け入れることができ、自尊心や自信を傷つけない行為を言います。

 

主張的セルフ・ハンディキャッピングとは、自分が困難な課題に直面していると知っている周りの人に対して、「あまり今日は調子が乗らなくて」「全然勉強していなくて」「まったく自信がないよ」のような言葉を発することで、結果が想定よりも悪かったら恥をかくことを恐れて、予防線をあらかじめ張っておき、本当に悪い結果が出たとしても、恥ずかしさから自分を救うことができる行為を言います。

 

双方ともに、自分の自己防衛メカニズムが働いての行為であることが、理解できました。
そこで、自分自身で思い当たる想い出が、フラッシュバックしました。

 

謙虚さとセルフ・ハンディキャッピングを、はき違えていた過去の自分

6年前、ドイツの保険会社の日本法人で人事の責任者をしていた時、生まれて初めて自分自身が360度フィードバックサーベイを受けることになりました。
その時の自分は、日本支社のカルチャー変容とモラル向上、リージョナルオフィスであるシンガポールのリーダーたちと、日本のリーダーたちとのコミュニケーションの橋渡しや、戦略の一貫性を高めるため...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 桜庭 理奈氏

    35CoCreation合同会社 CEO

    外資系金融企業での営業・企画推進を経て、人事へキャリアチェンジ。複数の外資系企業において、多国籍な職場環境で戦略的な人事を担当。2017 年より外資系医療機器メーカーであるGEヘルスケア・ジャパン株式会社の人事本部長、2019年から同社執行役員を務めた。2020年に35 CoCreation合同会社を設立。多様な業態や成長ステージにある企業で人事部長不在の企業間で、シェアドCHROサービスを開発提供し、経営・組織・リーダーシップ開発コーチング、アドバイザリー活動を伴走型で支援している。国際コーチング連盟認定コーチ。New Field認定コーチ。ロバート・キーガン博士が設立したMinds at Work公認・ITC(変化への免疫システム)マップの認定ファシリテーター。国際PADIダイビング協会・ダイブマスターとしても活躍中。