TOP 経営幹部・エグゼクティブのためのキャリア&転職を考える 「No.2」という役割の魅力と、適するタイプ

2021/11/26

1/1ページ

経営幹部・エグゼクティブのためのキャリア&転職を考える

第14回

「No.2」という役割の魅力と、適するタイプ

  • キャリア
  • 株式会社 経営者JP ディレクター 兼 カスタマーサクセス本部 部長 兼 マーケティング本部 部長 兼 テクノロジー推進本部 部長 鳴海 幸仁

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

企業組織には、No.2という役割が存在します。
No.2は、理想的には「No.1と二人で一人の経営者の役割」を担います。 そのNo.2には代表的な 4つのタイプがあり、それぞれがNo.1と組み合わせの妙を発揮します。この4つの関係性からNo.2の役割を紐解き、No.2の魅力、どのような方に適性があるのかをお伝えします。

「ビジョンを描くNo.1、実現させるNo.2」という関係

企業にはビジョンが欠かせません。しかし、素晴らしいビジョンを描いただけでは経営は前に進みません。ビジョンを現実に落とし込み、実現をさせることが必要です。

 

ソフトバンクグループの孫正義会長は今年のグループ戦略発表の場で「スマボ」の重要性を発信しました。新しい概念、未来のあるべき姿を発信しつづける孫会長は、ビジョンを描くNo.1です。

 

同グループはベンチャー企業からスタートし、現在のようなグローバルで事業展開をする超大企業に至るまで成長してきました。ここに至るまでの過程には、孫会長の掲げたビジョンを形にしてきたNo.2が存在します。グループの大番頭といわれる宮内謙氏は、同グループの大黒柱の携帯電話事業を率いるなど、ビジョンを実現させてきた方です。
孫会長は風呂敷を広げ、ビジョンを書き換えていきます。ソフトバンクグループにて30年以上も孫会長を支えてきた宮内氏はNo.1に不欠な「実現させるNo.2」タイプだと言えるでしょう。

「得意な領域により役割分担をするNo.1とNo.2」という関係

このタイプは、No.1から「そこはNo.2に任せている」と言われるような信頼関係を築き、それぞれが補完をしながら経営を行う関係性です。

 

先ごろ空飛ぶクルマの開発を発表したホンダ。その創業期から拡大期を担った本田宗一郎と藤澤武夫は、「役割分担のNo.1とNo.2」です。
技術という強みをもつNo.1を技術以外の全てを見るNo.2が補完し、経営することで世界のホンダが生まれました。

 

現在のIT、webサービス業界においては、サービス・プロダクトに徹底的に向き合うNo.1、そのサービス・プロダクトを広げるために力を発揮するNo.2という関係が主流と言えるでしょう。

「好かれるNo.1、嫌われるNo.2」という関係

好かれるNo.1、嫌われるNo.2という関係を構築している企業は、企業組織の成長、社内の円滑なコミュニケーションのため、No.1とNo.2の役割を分けているパターンです。

 

創業10年程の、あるベンチャー企業を紹介します。

 

同社のNo.1とNo.2は同世代の創業経営者です。創業当初のメンバーは以前からつながりのあるメンバーが多く、仲の良いサークルのような雰囲気でした。順調に事業を伸ばし、組織も数十名規模へと成長します。
しかし、2〜3年前に離職者が急激に増え、事業成長が鈍化...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 鳴海 幸仁

    株式会社 経営者JP ディレクター 兼 カスタマーサクセス本部 部長 兼 マーケティング本部 部長 兼 テクノロジー推進本部 部長

    1982年茨城県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、株式会社レインズインターナショナルに入社。外食業界の新興企業として急成長していた同社に魅力を感じ、居酒屋店員としてキャリアをスタートする。入社4ヶ月で都心ビジネス街立地店舗の店長に抜擢。店舗運営を通じて経営、人材マネジメントの重要性、難しさを知る。自身の経験を広げたいとIPO準備中のITベンチャーへ転職し大手企業向けサービス構築に従事。 その後、不動産広告会社へ転身。同社では業界慣例に捕らわれない取り組みで、営業部門トップに就任。大手企業10社以上が集まるイベントを成功させるなど、事業拡大に寄与した。2014年10月、経営者JP入社。現場視点で泥臭く事業に取り組みながら、経営者のそばで企業経営、組織づくりの課題と向き合ってきたリアルな自身の体験から、クライアントの潜在的な課題を見つけ出すことを得意とし、「鳴海さんからのご紹介ならお会いしたい」という言葉をクライアントからお預かりし、経営人材・幹部人材の採用を成功に導いている。 また、経営者同士をつなぐクローズドの交流会を開催するなど、様々な形で出会いの場をプロデュースすることで人材採用に限らず経営者を支援している。経営者の思い描く未来の実現に向けた、経営層・経営幹部層のより良い出会いの演出を通じた人と組織の活性化、そして日本を活性化させることがライフワーク。