TOP イマ、ココ、注目社長! これまで思っても言えなかった多様な価値観が事業に。【前編】

2021/11/18

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第192回

これまで思っても言えなかった多様な価値観が事業に。【前編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • 株式会社KabuK Style 社長/共同創業者 大瀬良 亮氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

定額制宿泊サービス「HafH(ハフ)」の運営、宿泊及び賃貸運営業、旅行業を展開するKabuK Style(カブクスタイル)。一人ひとりが多様な価値観をそのままに選択できる、傾く《かぶく》生き方ができる未来を創るために邁進しています。「旅しながら働く」生き方をサブスクで提供する、社長/共同創業者の大瀬良亮さんに伺いました。

(聞き手/井上和幸

私は電通人であり、長崎人である

──まずは筑波大学を卒業されて電通に入社されたところからお伺いします。電通を選ばれた理由はどのようなところにあったのでしょう?

 

大瀬良 私は長崎出身ということが、自分のなかに強いアイデンティティーとしてあります。「地方から世界に向けて何か面白いことやっていきたい」という考えがずっとありました。
就活をする年になり、やはり長崎を世界に発信していきたい、地元を発信していきたいと思うなかで、メディアに関わり、発信の仕方に対してプロフェッショナルリズムを持ちたいと思い、マスコミを中心に就活しました。

 

電通に就職すれば、1つのメディアに捉われることなく、世界に対し、大きな発信力を持って進められるチャンスがあると感じました。

 

──配属はどちらでしたか?

 

大瀬良  ソフトバンクモバイル担当の営業職でした。MNPが始まって、大々的に広告展開が広がり始めた時期です。仕事は充実していましたが、一方で長崎への想いも忘れられず、県人会みたいなことをずっとやっていました。100人を集めての県人会を主催して、地元出身のアーティストなど巻き込みながら開催していました 。

 

──そうなのですね。地元・長崎と関わりながら仕事をするというお気持ちは、ずっとおありだったのでしょうか?

 

大瀬良 自分のなかでは、仕事とプライベートの垣根を作るという意識が、ずっとなかったとは思います。仕事もすごく楽しくやっていました。オンオフがない。ワークライフバランスという言葉に違和感があるというか・・・。

 

──全く同感です、僕もそう思います。

 

大瀬良 最初から分けずにやっている。ライフワークとしての電通人であり、長崎人だという形でやっていました。

 

働き方改革を変えなければならない

──その後、政府で働くようになったのですよね?

 

大瀬良 電通の仕事というわけではなく、そのような枠があるのを偶然知って、自分で応募したら採用いただきました。

 

──そうだったのですね、会社からではなく、きっかけは大瀬良さん自身で応募さ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 大瀬良 亮氏

    株式会社KabuK Style 社長/共同創業者

    1983年長崎市生まれ。2007年に筑波大学を卒業後、電通入社。2015年から官邸初のソーシャルメディアスタッフとして従事。2019年4月より定額制宿泊サービス「HafH(ハフ)」のサービスを開始、2019年9月 電通退社。2018年4月~2021年3月 つくば市まちづくりアドバイザーに就任。2021年4月~(一社)日本ワーケーション協会顧問。東京に住みながら地元の地方創生活動に従事、原爆の実相を伝える「Nagasaki Archive」発起人として、2010年Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード特別賞受賞他、2011年~在京長崎県人会「しんかめ」を主宰など。