TOP イマ、ココ、注目社長! 自動車アフターマーケットのリーディングカンパニーに。【前編】

2021/10/19

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第184回

自動車アフターマーケットのリーディングカンパニーに。【前編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • 株式会社Seibii 代表取締役CEO 佐川 悠氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

「人とモビリティとの新たなストーリーを創る」をミッションに掲げる、株式会社Seibii。クルマの整備・修理業をはじめとするアフターマーケット市場で急成長を遂げています。「クルマ」は「モビリティ」へと急加速で変化しつつありますが、アフターマーケットもそれに伴い大きく変化していくでしょう。従来の業界課題も大きいこの市場で、ユーザー視点の仕組みとテクノロジーで、クルマの整備・修理を入り口に、モビリティにかかわるあらゆる体験をより良いものにリデザインするという株式会社Seibiiの代表取締役CEO 佐川悠さんにお話を伺いました。

(聞き手/井上和幸

 

アフリカで仕事をしたい

──新卒で三井物産に入社されましたが、社会人になられるとき、佐川さんの仕事観として、どのようなことをやっていかれようとお考えだったのですか?

 

佐川 いくつか考えていたことはありましたが、ビジネスパーソンとして、なるべく早く成長したいと考えていました。そのため、とにかく仕事をたくさんこなしたかった。あと、海外でも通用する人材になりたい。また、事業づくりができるようにもなりたいと考えていました。商社を選んだのはそのためです。

 

──なるほど、そうしますと志望先は総合商社になりますね。

 

佐川 総合商社が第一志望でした。

 

──ちなみに学生時代にビジネスをやっていらっしゃったりしたのですか?

 

佐川 学生時代は全くやっていないですね。

 

──意外な感じもします。三井物産では、配属先のご希望はおありだったのでしょうか。

 

佐川 アフリカで仕事をしたいと考えていました。あと、大きな事業、インパクトがあることをやりたいと思っていたので、資源の部隊を志望しました。それで金属資源に配属されました。

 

──希望は資源系の事業だったのですね。それが第一希望で?

 

佐川 第一志望でした。

 

 

──総合商社ご出身の方々にこれまで聞いてきた限りですと、希望通りというケースは少ない気がします。

 

佐川 感覚だと3割位は希望通りで、7割位は違うという感じです。

 

──変な意味ではなくて、アフリカや資源系をご希望される方は少ないのではないでしょうか?

 

佐川 人気はないですね(笑)。

 

──アフリカへのご興味は、これからのエマージングマーケットだと考えていたからですか?

&nb...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 佐川 悠氏

    株式会社Seibii 代表取締役CEO

    1985年生まれ。大学卒業後、10年間三井物産に在籍。資源、リサイクル、自動車部品製造業、アフリカ新規事業を担当し、南アフリカの市場開拓に携わる。在職中に自らプログラミングを学び複数のサービスを立ち上げ・運用。 2019年1月にSeibiiを創業。人とモビリティとの、新たなストーリーを創るをミッションに、テクノロジーを活用して自動車アフターマーケットの改革を目指している。