TOP イマ、ココ、注目社長! デジタルネイティブな若手の声を聞かないのは、もったいないとしか思えない。【前編】

2021/09/16

1/1ページ

イマ、ココ、注目社長!

第170回

デジタルネイティブな若手の声を聞かないのは、もったいないとしか思えない。【前編】

  • 経営者インタビュー
  • 経営
  • 組織
  • 注目企業
  • 千株式会社 代表取締役社長 千葉 伸明氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

千株式会社は、業界最大手のインターネット写真販売サービスをはじめ、保育業界の課題を解消するさまざまなブランドを展開している。2004年から保育業界向けにユニークな事業を展開。近年では、保育士の働き方の点で社会的需要の高い保育ICT事業「はいチーズ!システム」が好調。2021年9月、ICTで保育士の働き方改革や、保育業界のDXを推進するため、保育業界向けの各ブランドを「SaaS型総合保育テックサービス」としてリブランディングし、『はいチーズ!』シリーズとして刷新した。業界トップまで登り詰めた代表取締役社長の千葉 伸明氏に、話を伺った。

 

(聞き手/井上 和幸)

 

人の2倍頑張れば、3倍成果が出る

 

──子供のころ、お父様が読まれていた藤田 田(ふじた・でん、日本マクドナルド社設立者)さんの『ユダヤの商法』を読まれたのだとか。僕も高校生の頃に親父の書棚から見つけて、何気なく勝手に読み出して、この本を読んで「商売って面白いんだ」と初めて知りました。

 

千葉 はい、そうなんです。17歳の頃に初めて読んで商売に興味を持ちました。

 

──同じ本を読んでいたのは偶然ですね。商売といえば、ご家族が経営者一族とお聞きしましたが、どういうことをやっていらっしゃったのですか?

 

千葉 「経営者一族」と聞くとかっこよく聞こえますが、サラリーマンがいなかったというだけのことです。例えば叔父は電気工事。3代続いています。別の叔父は建築、親父の母方の従兄から独立しました。もう一人は流通系、大手エンジニアリング会社を退社して独立し、いまはその事業を売却して、コンサルタントや顧問をやっています。あと、農家、新聞、旅館、いろいろです。私より上の代が経営者だったということですね。

 

──サラリーマンではなく、ご自身で事業をされている方が多かったのですね。

 

千葉 そうですね。多いというか、私が知る限り周りには経営者しかいませんでした(笑)。

 

──そういう家系に囲まれていたら、「自分も同じような道を辿るのだろうな」というようなことを、小さい時からお考えだった?

 

千葉 そうですね。難しく考えたわけでもなく、自然とそういうものだろうと思っていました。

 

──当たり前だったのですね。

 

千葉 会社に入って長く働いている自分のイメージが湧かなかったという点もありますね。「会社は自分で作るものだ」と考えていました。ただし、起業を成功させるためには、一定の社会人経験を積むことが必要だとは...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 千葉 伸明氏

    千株式会社 代表取締役社長

    高校卒業後、フルコミッションの営業会社を経て、20歳の時に1社目を起業。その後株式会社USENに入社。トップ業績を上げ子会社の経営まで任せられる。 2004年25歳の時に千株式会社を創業。5年間で300人を超える社長に会い「なぜこの会社を創ったのか」「なぜこの事業なのか」「今後どんなビジネスが流行しそうか」の3つの質問をした結果、2006年より園向けサービス「はいチーズ!」として、スクールフォト撮影とインターネット写真販売を開始。2021年に「はいチーズ!」を、業務支援ICTシステムや動画提供も行う総合保育テックサービスへと成長させ、現在に至る。