TOP CxOの羅針盤 ーベンチャーCxOを本気で目指す志高き人たちへー 自身の解像度を高めれば、良縁は自ずとやってくる。【後編】

2021/08/30

1/1ページ

第8回

自身の解像度を高めれば、良縁は自ずとやってくる。【後編】

  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • キャリア
  • 組織
  • 新規事業家 守屋 実氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

守屋 実氏は、新規事業創出の専門家として著名な人物。
数多くのスタートアップ、そして大企業の事業に参画をしている。

 

これまで、ラクスル、ケアプロの立上げに参画、副社長を歴任後、サウンドファン、ブティックス、AuB、みらい創造機構、ミーミル、JCC、テックフィード、キャディ、フリーランス協会、セルム、日本農業、ガラパゴス、博報堂、JAXA、JR東日本スタートアップなどの取締役、内閣府有識者委員、山东省人工智能高档顾问を歴任。2018年にブティックス、ラクスルを2か月連続で上場に導く。近著「起業は意志が10割」(講談社)、「DXスタートアップ革命」(日本経済新聞出版)。

(前編はこちら

(聞き手/井上 和幸)

 

自分自身の解像度を高めれば、縁は自ずとやってくる

井上 エムアウトから独立されようと思われたきっかけはあったのでしょうか?

 

守屋 田口さんから、「そろそろ20年、私の許から独立しなさい」って言われたから独立しました。

 

井上 なんと、師の導きがあったからなんですね。

 

守屋 僕は、田口さんからそう言われた瞬間、「嫌です」と断りました。僕は田口さんに添い遂げると思っていたので。でも、ミスミに入社するときも田口さんに「あんた来ないか」と言われてミスミに行きましたし、エムアウトも「来月末な」って言われて移りましたし、基本、田口さんにはずっと従ってきたんで、今回も独立するんだろうなって思い、結局独立することにしました。

 

井上 田口さんから独立して、どういうことをしなさいとかっていう指示はあったのですか?

 

守屋 なかったです。「独立しなさい」っていうだけ。

 

井上 独立してじゃあ何やろうと?

 

守屋 20年間、新規事業しかやってこなかったし、新規事業以外に能がない。そして何より、新規事業は楽しいと思っていたので、そのままの延長で新規事業をやることにしました。

 

井上 守屋実事務所を立ち上げたけれど、別に変わりもないし、違和感もない?

 

守屋 そうですね。ミスミにいるとき、会社を2社作っていますし、エムアウトにいる間も、いろんな会社の立ち上げに関わっていました。ミスミとエムアウトという、サラリーマン生活20年で、会社登記は何回もしています。「資本主義経済界において、法人を持っておいた方が楽」みたいな感覚だったので、あまり特別な思い入れはなく、ふつうに守屋実事務所の登記をしました。

 

井上 独立されて、仕事はすぐに来たのですか?

 

守屋 そうですね。ただ、「仕事...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 守屋 実氏

    新規事業家

    1992年にミスミに入社後、新市場開発室で新規事業開発に従事。2002年に新規事業の専門会社、エムアウトを、ミスミ創業オーナーの田口氏とともに創業、複数事業の立上げおよび売却を実施。2010年に守屋実事務所を設立。新規事業創出の専門家として活動。ラクスル、ケアプロの立上げに参画、副社長を歴任後、博報堂、ジーンクエスト(ユーグレナグループ)、サウンドファン、ブティックス、SEEDATA(博報堂グループ)、AuB、みらい創造機構、ミーミル(UZABASEグループ)、JCC、テックフィード、キャディ、フリーランス協会、JAXA、セルム、FVC、日本農業、ガラパゴスなどの取締役、フェロー、理事など、 リクルートホールディングス、JR東日本スタートアップなどのアドバイザー、内閣府の有識者委員、山东省工业和信息化厅の人工智能高档顾问を歴任。2018年4月ブティックス、5月ラクスルを、2か月連続で上場に導く。近著に『DXスタートアップ革命』(日経新聞出版)、『起業は意志が10割』(講談社)がある。