TOP 戦略人事の仕掛人 人事は戦略。経営戦略と言われるように、経営戦略の一環を担っている。【前編】

2021/08/23

1/1ページ

第15回

人事は戦略。経営戦略と言われるように、経営戦略の一環を担っている。【前編】

  • 組織
  • 株式会社湖池屋 経営管理本部人事部 部長 八代 茂裕氏
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上 和幸

 

30日無料!全記事読めるプラチナメンバー登録はこちら >>

 

 

湖池屋は1953年の創業。古くから『ポテトチップス』や『カラムーチョ』『ポリンキー』といったスナック菓子のメーカーとして広く愛されているのは言うまでもない。しかし、新たな時代への変革を求めて、2016年、佐藤章氏が代表取締役社長に就任。リブランディングに着手するとコーポレートブランドを再編し、「湖池屋」に統一。2017年には、新生・湖池屋 第一弾商品『KOIKEYA PRIDE POTATO』を発売した。
戦略人事の仕掛人として、湖池屋の経営管理本部人事部で指揮を取る、八代茂裕氏
に、新生・湖池屋の人事戦略などを伺った。

 

(聞き手/井上 和幸)

人事には不向きだと感じています

井上 僕は小さい頃からずっと『ポテトチップス』がすごく好きなんです。この週末も食べていました(笑)。

 

八代 ありがとうございます。(笑)。

 

井上 最近では『じゃがいも心地』がお気に入りです。『カラムーチョ』は常に大袋を1つ常備したいクチです。いい大人になってますが、湖池屋さんの商品はずっとお供にさせて頂いています(笑)。

 

八代 本当にまいどおおきにで(笑)。

 

井上 八代さんは1981年に高校を卒業されて、夜間大学で学びながら、建設機械の小松製作所(コマツ)さんに入社されたんですね。

 

八代 はい。家庭の事情で大学は夜間に行かざるを得なくて。高卒ですぐに入社したのがコマツの大阪工場。総務の配属になりました。

 

井上 その頃は、どのようなキャリアを歩みたいと思っていらっしゃったのですか?

 

八代 高校生ですので、キャリアに対する感覚はまったくありませんでした。「どんな仕事があるんだろう」と思って入ってみて、初めて分かったというところです。人事総務系、購買系、経理系という3つの選択肢があったなかで、「じゃあ、人事総務」と決めました。

 

井上 会社からの指示での配属ではなかったのですか?

 

八代 はい。一応、希望は聞いてくれました。それで人事総務に手を挙げました。

 

井上 その後、コマツさんを退社された。どういう背景があったのですか?

 

八代 高卒だと、どうしてもキャリアの天井がすぐに見えてきます。コマツにキャリア、ノンキャリアのような制度があった時代です。そこに限界を感じました。それで、よくある、「自分を試したい」「自分を探したい」との想いから転職しました。1989年、27歳のときです。コマツでは10年近く働いていました。

 

...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 八代 茂裕氏

    株式会社湖池屋 経営管理本部人事部 部長

    1962年大阪生まれ。建設機械メーカーなどを経て2008年に湖池屋入社。 湖池屋では本社・京都・関東の3拠点の総務を担当し、工場労務や施設 セキュリティシステム構築、外国人技能実習生の導入などを推進。 本社人事部では地域限定社員制度の導入から始まり、育児介護制度の 見直しやコロナ禍でのテレワーク制度を導入しつつ、人事・賃金制度 の刷新や役員退職慰労金の廃止などに着手。2016年からの2年は、 FSSC22000(食品安全規格)認証取得プロジェクトリーダー(2017 年に認証取得)。2018年から現職。 2021年法政大学大学院政策創造科修士終了(石山恒貴研究室)・キャ リアコンサルタント・ビジネス法務エキスパート。 特技はDIYで、電気工事士2種の資格保有。

  • 井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。