TOP 日本全国注目社長! 想像もしなかったバス会社のトップに。戸別訪問を切り札に経営の立て直しを実現。人口減少の中で目指すのは、地域コミュニティーのコーディネート役。

2021/06/14

1/1ページ

第4回

想像もしなかったバス会社のトップに。戸別訪問を切り札に経営の立て直しを実現。人口減少の中で目指すのは、地域コミュニティーのコーディネート役。

  • 経営者インタビュー
  • 注目企業
  • マネジメント
  • リーダーシップ
  • 経営
  • キャリア
  • 十勝バス株式会社 代表取締役社長 野村 文吾氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら>>

 

 

ユニークな経営で注目を集めている全国各地の会社社長、経営者、起業家に、そのストーリーや経営方針、戦略などを伺っていく「日本全国注目社長!」。

 

今回ご登場いただくのは、北海道・十勝地方に所在し、あと5年で100年企業となる歴史を持ち、地域住民から長年愛されている十勝バス株式会社の野村文吾氏。

 

父が経営するバス会社を継ぐつもりはまったくなかったのに、思いもよらないことから後継者に。突然の転身に苦闘しつつも、友人のアドバイスをきっかけに経営を学び、「戸別訪問」という手法で40年ぶりの増収を実現。テニスで鍛えた精神力に加え、社員との1対1のコミュニケーションを重視してバス業界を牽引している。

 

人口減少の荒波の中、コロナ禍によりさらに苦境に立たされているバス業界だが、野村さんは未来を見つめる。「地方の交通事業者はコミュニティーのコーディネーター役を果たすべきだ」という野村氏に、これまでと未来の経営を語っていただいた。

 

(聞き手/井上和幸)

 

経営危機のバス会社に自信満々で乗り込んだものの……

国土計画(現・西武ホールディングス)で働いていたときのことでした。十勝バスの社長である父が「会社をたたむことにした」と言ってきたんです。それまで父から後を継げと言われたこともないし、バス会社の経営に関心を持ったこともありません。

しかし、それを聞いて心を動かされました。確かに会社の状況は悪かったけれど、それは父の経営が悪いからで、自分だったらまともにやれるはずだ。「俺にやらせろ!」。思わずそう言って故郷に帰りました。

 

父は反対しました。「俺は知らん」「経営はそんなに甘いものじゃない」。当時は私の実力を見誤っているに違いないと思ったのですが、今にしてみれば無駄な苦労をさせたくなかったのかもしれません。そのぐらいバス会社は斜陽産業で、利用者が減り続けていましたから。誰が経営しても、うまくいくはずがないと思ったんでしょう。

 

十勝バスには1998 年に入社しました。経営企画本部長という役職に就いたのですが、取締役は社長の父のほかに社外取締役しかいませんでしたから、実質ナンバー2ということになります。しかも、入社したその日に父が、実印と金庫の鍵を私に預けて「お前が勝手にやれ。会社を良くするも悪くするもお前次第だ」と引退宣言してしまいました。私はまったく何も知らないままトップになってしまったんです。

 

テニスにかけた青春と白黒はっきりした父

父は子どものころから、「自分の力で自分の好きなことをやれ」と言っていました。ただし、けっこう強引なんです。私が地元の高校に合格したのに、入学に反対して入学金を納めてくれませんでした。

それで仕方なく地元を離れて、函館...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 野村 文吾氏

    十勝バス株式会社 代表取締役社長

    1963(昭和38)年 帯広市生まれ
    1982(昭和57)年3月 函館ラ・サール高校 卒業
    1988(昭和63)年3月 小樽商科大学 商学部経済学科 卒業
    1988(昭和63)年4月 国土計画株式会社 (現 西武ホールディングス)入社
    1998(平成10)年4月 十勝バス株式会社 入社
    2003(平成15)年5月 十勝バス株式会社 代表取締役社長 就任
    2004(平成16)年5月 テービーオイル株式会社 代表取締役社長 就任
    1999(平成11)年1月 帯広青年会議所 入会
    2003(平成15)年5月 帯広ロータリークラブ 入会
    2003(平成15)年11月帯広商工会議所議員 当選
    2004(平成16)年4月 十勝地区バス協会会長 就任
    2004(平成16)年6月 ㈳北海道バス協会理事 就任
    2005(平成17)年4月 国土交通省 今後のバスサービス活性化方策検討小委員会 委員
    2006(平成18)年5月 帯広市都市計画審議会副会長 就任
    2007(平成19)年11月帯広商工会議所副会頭 就任
    2008(平成20)年1月 帯広市総合計画策定審議会委員 就任
    2008(平成20)年5月 十勝シーニックバイウェイ トカプチ雄大空間代表 就任
    2008(平成20)年5月 ㈳帯広観光コンベンション協会副会長 就任
    2009(平成21)年6月 道東道とかち連携協議会会長 就任
    2013(平成25)年3月 十勝圏二次交通活性化推進協議会会長 就任
    2013(平成25)年4月 経済産業省 バス車両の開発促進等に関する戦略会議 委員
    2014(平成26)年4月 三重県 総合交通ビジョン策定懇話会 委員
    2014(平成26)年4月 国土交通省 バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会 委員
    2018(平成30)年12月北海道 過疎地域を考える懇話会 委員