TOP CxOの羅針盤 ーベンチャーCxOを本気で目指す志高き人たちへー ビジネスぎらいの学者志望が本気で経済と向き合った理由――マザーハウス山崎大祐氏に聞く副社長としてのありかた【後編】

2021/05/31

1/1ページ

第4回

ビジネスぎらいの学者志望が本気で経済と向き合った理由――マザーハウス山崎大祐氏に聞く副社長としてのありかた【後編】

  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • キャリア
  • 組織
  • 株式会社 マザーハウス 代表取締役副社長 山崎 大祐氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

企業における最高責任者、いわゆる“CXO”として活躍中のビジネスパーソンのエピソードから、次世代CXOへのキャリアパスを探る「CXOの羅針盤」。
株式会社マザーハウス・山崎大祐氏の後半は、ゴールドマン・サックスでの経験をフルに活用しながら、マザーハウスのビジネス構築に取り組んできた過程について。また、会社の理念である「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を本気で実現するための、未来予想図についてうかがった。

ちゃんとビジネスを作らないとみんなが犠牲になる

井上 ここからはマザーハウスの成長の軌跡をたどりながら、副社長としての山崎さんのご活躍を振り返っていきたいのですが、創業時はどういったメンバーでスタートされたのですか?

 

山崎 最初は本当にお金がなかったので、組織とかを考えるゆとりはまったくなくて、まずは自分の友人でITとか金融とか商社とかではたらいていて、それなりにビジネスをわかっていそうな同級生に声をかけました。SFCの卒業生は結構いろいろな人がいますから。みんな手弁当で手伝ってくれて、本当にありがたかったです。

“経営”を意識し始めたのは、売上げが1億、2億になったあたりからでしょうか。4,5年目くらいですね。このタイミングで初めて、1年かけて口説き落とした人材を、アパレルというかファッション業界から採用したのですが、それまでは僕自身、完全にプレーイングでした。木を切って店を作るとか、店頭に立って販売するとか。経営どころの状態ではありませんでしたね。

 

井上 その4,5年目には、組織はどのくらいの大きさになっていたのですか?

 

山崎 日本で30〜40人くらいでしょうか。

 

井上 だんだんと会社組織の体になってきましたね。

 

山崎 この頃になると、「こんな働き方にはついて行けません!」「この給料じゃ無理です!」と、メンバーに突きつけられはじめていました。僕自身も1年362日くらい、朝から夜中まではたらいていたのに、利益は上がらないし給料も増えない。山口ともめちゃくちゃ仲が悪くなっていて、2人とも「もう辞めてやる!」とか言っていました(笑)。それでやっと、なにかやり方が間違っているというか、「自分自身が経営者にならなければいけないんだ」と気づいたわけです。

それまでは学園祭みたいな感じですよね。「みんなで頑張ろうぜ!」みたいなノリで。でも、ちゃんと計算してちゃんとビジネスを作らないと、こんなにもみんなが犠牲になるんだと実感して、そこから3,4年で評価システムを作って、ファイナンスモデルも全部組み直して作ってみた。このとき初めて実感しましたよね、「ああ僕、ゴールドマンではたらいていてよかった」って(笑)。

...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 山崎 大祐氏

    株式会社 マザーハウス 代表取締役副社長

    1980年東京生まれ。 慶應義塾大学在学中にベトナムでストリートチルドレンのドキュメンタリーを撮影したことをきっかけに、途上国の貧困・開発問題に興味を持ち始める。 卒業後、ゴールドマン・サックス証券にエコノミストとして入社。その後、創業前から関わってきた株式会社マザーハウスの経営への参画を決意し、07年に取締役副社長として入社。19年から代表取締役副社長に。 他にも(株)Que社外取締役、日本ブラインドサッカー協会外部理事などをつとめる。