TOP とことん観察マーケティング さまざまなオンライン登壇に発見あり

2021/04/07

1/1ページ

第51回

さまざまなオンライン登壇に発見あり

  • マネジメント
  • 経営
  • 有限会社オフィスフレンジー 代表 野林 徳行氏

野林徳行です。「KEIEISHA TERRACE」にてマーケティングコラムの連載をさせていただいております。

 

51回目のコラムです。『カスタマーを知る』ことの大切さを毎回書かせていただいています。多くの企業では、『カスタマーを知る』ことが大事と言いながら、足元の数字を優先してしまっています。足元はもちろん大事ですが、カスタマーを知ることで既存事業のPDCAは回りやすくなり、新規事業の立ち上がりは早くなります。または修正の大きさが小さくなります。今回は、最近はオンラインでの登壇が増えてきました。めんどくさがらずに登壇してみるといろいろ発見があり、また、地域貢献のネタも出てきますのでそれを記します。

 

ビタミンラジオ局「とりあえず愛タイム」という生放送に呼ばれました。

ビタミンラジオパーソナリティは、マクドナルド愛子さん。ちょっとご紹介すると、「OL、起業、外資系企業の管理職、グローバルビジネスコンサルタントなど、ビジネスキャリア歴22年、42歳でキャリアバリバリから専業主婦へ転身。2018年活動開始。2019年からフリーランスモデルとして様々な活動をしながら、外資系企業のコンサルティングも行う」というめっちゃステキな方です。

 

  • Miss Korea 2000 日本代表選抜大会ファイナリスト
  • Mrs Universe 2014世界第5位/Mrs Charityの2つのタイトルを獲得、アジアではトップ。
  • KIBERA主催第一回KIRA KIRA BEAUTY AWARD40代~50代部門グランプリ
  • 応募総数600人以上の中から選抜されたPEACH JOHNリアルサイズモデル13人の内、最年長モデル

 

放送はオンラインですので直接スタジオではなくビタミンラジオ局のツールにて1時間ほどお話をする形式でリスナーの方々からはどんどん質問がきます。愛子さんは、ご縁つなぎの会と称する異業種交流会をステキに行っている元格闘家の大山俊護さんからの紹介でした。あまりにステキな方でファンになりましたが、「私、野林さんのファンなんですよ」と言われて有頂天の状態でスタートしました。

 

テーマは、「あなたのそのアイデア、ステキなストーリーになっていますか?」。いつものように、ローソンのリラックマのお皿がもらえるキャンペーンが14年も喜んでいただき大きな利益を生んでいる話、ゼクシィが1,000人の花嫁に聞きながらプロダクトやプロモーションを最大化していく話などをリスナーと対話しながら進める展開になりました。1時間で終了したのですが、「聞き足りない、もっと聞ける場は作れないか」というコールが起こり、ビタミンラジオ局の局長が入ってきて「イベントやりましょう」と即決していただきました。

 

講演のようにじっくり話したわけではないのですが、ステキ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 野林 徳行氏

    有限会社オフィスフレンジー 代表

    1964年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。1987年リクルート入社。経営企画、事業戦略、商品企画、プロモーションプランニングなどを担当し、カスタマーを知ることに徹底的にこだわった行動で各事業の業績向上に寄与。ブックオフコーポレーションへの出向を経て、2003年ローソン入社。執行役員としてマーケティング、エンタテイメント、商品開発を担当し、数々のヒット企画を生み出した。2010年ローソンエンターメディア代表取締役社長に就任。2012年レッグス入社。CMOとしてキャラクターを活用した販売促進を強化。2016年FiNC CMO就任。人工知能を活用したヘルスケアアプリのマーケティングを推進。現在はブックオフコーポレーション取締役、高木学園マーケティング講師、NewsTV取締役など。著書「とことん観察マーケティング」をベースにした講演・研修を実施中。