TOP KEIEISHA TERRACEセミナー  ナレッジライブラリー 【長村禎庸氏】ベンチャーで「成果を出す」マネジメントの極意(Vol.1)

2021/03/26

1/1ページ

第14回

【長村禎庸氏】ベンチャーで「成果を出す」マネジメントの極意(Vol.1)

  • 組織
  • マネジメント
  • 株式会社EVeM CEO 長村 禎庸氏

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >>

 

 

2021年2月9日、KEIEISHA TERRACE オンライントークライブが開催されました。今回は、【マネジメント力強化シリーズ】の第三弾。【ベンチャーで「成果を出す」マネジメントとは?】をテーマに、株式会社EVeM代表の長村禎庸氏と、弊社代表取締役CEO 井上和幸とで行われた対談の一部を、編集してお届けします。

ベンチャーマネジャー育成トレーニングを提供する長村さんは、「(カオスの中の)ベンチャーでマネジメントをすることは、人生・キャリアを切り開く武器を手に入れることに近い」と話されています。ベンチャーへの参画を考えている方や、ベンチャーでのマネジャー陣育成・活用のヒントが知りたい方は、ぜひご覧ください(全3回)。

井上 まずは、長村禎庸さんのプロフィールから簡単にご紹介させていただきます。長村さんは、1982年大阪府出身です。大阪大学を卒業後に新卒でリクルートに入社し、『ゼクシィ』(総合結婚情報誌)の営業を担当した後、2009年にDeNAに転職されました。同社では、事業からコーポレートまであらゆる部門の経営、マネジメントに従事されたほか、2014年にはiemo株式会社、株式会社ペロリの買収に伴うPMI責任者として両社とDeNAの統合を担当されています。

その後、株式会社ペロリへの出向(社長室長兼人事部長)を経て、2017年にハウテレビジョンへ入社。取締役COOとして同社を再生し、2019年東証マザーズ上場に導かれました。

そして、2020年に株式会社EVeMを設立し、ベンチャーマネジャー育成トレーニングを提供されています。(*注)このあたりの詳しい経緯と長村さんの思いについては、KEIEISHA TERRACE の記事★リンクでもご覧いただけます。

ちなみに、社名の『EVeM』とはどういう意味なのですか。

 

長村 『EVeM』とは、「Empower Venture Manager(=ベンチャーマネジャーを勇気づける)」の略です。小文字の「e」は、DeNAから拝借しました。ベンチャーマネジャーとしての大事なスキルは、DeNAですべて教えてもらったと思っているからです。

 

井上 やっぱりそうなのですね(笑)。

 

長村 そうなんです。自分は勝手にDeNAの親戚だと思っています。もう1つ込めた意味は、「イコール」です。ベンチャープロジェクトにおいては、さまざまな雇用形態の人と一緒に組み、フラットな環境でマネジメントをしなければならないので、地位や権力を使ったマネジメントができません。そのため、技術が必要なんです。「マネジャーもメンバーもイーブン・対等であると...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 長村 禎庸氏

    株式会社EVeM CEO

    株式会社EVeM CEO。新卒でリクルート入社。ゼクシィの営業を担当。2009年にDeNAに入社。広告営業マネージャー、広告事業部長、株式会社AMoAd取締役、採用マネージャー、経営企画マネージャー、子会社監査役など、事業からコーポレートまであらゆる部門の経営、マネジメントに従事。2014年にはiemo株式会社、株式会社ぺロリの買収に伴うPMI責任者として両社とDeNAの統合を担当し、その後再び広告事業部長に就任。買収したサービスも含めDeNAグループ全サービスの広告マネタイズ責任者として広告ビジネスを拡大。2016年、MERYを運営する株式会社ぺロリに出向し、社長室長兼人事部長として組織・事業の急拡大をリード。2017年ハウテレビジョン入社。取締役COOとして停滞する同社をターンアラウンドし、2019年東証マザーズ上場に導く。2020年にハウテレビジョンを退社・独立。株式会社EVeMを設立する。