TOP KEIEISHA TERRACEセミナー  ナレッジライブラリー いかなる組織でも、原点になるのは「組織が安心・安全の場」かどうか【後編】

2021/03/19

1/1ページ

第13回

いかなる組織でも、原点になるのは「組織が安心・安全の場」かどうか【後編】

  • 組織
  • マネジメント
  • 株式会社コーチ・ジネッツ・代表取締役 吉里 彰二氏

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >>

 

 

2021年1月28日、KEIEISHA TERRACEオンラインセミナー「経営・戦略と人・組織をつなぐ」を開催いたしました。今回は、株式会社コーチ・ジネッツ代表・吉里彰二氏と、当社代表井上和幸とで行われた、当日の対談の一部を抜粋・編集してお届けします。

【経営陣・幹部陣を一体化させるための処方箋】とはどのようなものなのか?経営チームをまとめ、組織力を向上させたいとお思いの経営者の方は、ぜひご覧ください。

 

前編はこちら

 

経営理念・ビジョンを社内で共有するための3つの方法。

井上 参加者の皆様へのアンケートで、経営理念・ビジョンの浸透度合いについてお聞きしています。「非常によく図られている」が8%、「ある程度図られている」が52%、「あまり図られていない」が36%、「アクションもなく浸透もしていない」が4%でした。この結果をご覧になって、吉里さんはどう思われますか?

 

吉里 合わせて6割以上がそれなりに図られているということで、実態をよく表しているのではないでしょうか。ただ「非常に図られている」と「ある程度図られている」とでは大きな差があります。「ある程度」を「非常に」に変えていくにはどうしていくかが、ポイントになると思います。

 

井上 そうですね。ひと昔前に比べると、その重要度は改めて言われるようになってきているとは感じます。ただ、根底からしっかり経営理念・ビジョンが浸透しているかは疑問です。例えばビジョンありきで創業されたベンチャー企業などでは、ある程度腑に落ちやすいものになっていきますが、逆に、しっかりした会社様の場合には難しいところもありますよね。いろんな流れの中で創業時の熱い思いはどうしても薄れてくるでしょうし、業態が広がっているケースもありますから。

 

吉里 そうですね。一般的な会社の場合、そもそもそのミッションがどう生まれたのか、その背景が共有されていない、知られていないというケースも多いのではないかと思います。

 

井上 そうした場合、どうすればいいのでしょう。

 

吉里 私が皆さんによく申し上げているのは、次の3つです。

1つは、プチ哲学をしてみましょうということ。例えば、私の出身である三菱ケミカルホールディングスが掲げる「KAITEKI健康経営」には、「多様な人材がいきいきと活力高く働ける会社・組織づくりを通じて、豊かな創造性と高い生産性の基盤を築くことをめざします」と記されています。

では、「多様な人材」とは何か?「いきいき」とは?「活力高く」とは?と問い続けていきます。当然、それぞれの言葉にはいろいろな思いがあるはずです。トッ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 吉里 彰二氏

    株式会社コーチ・ジネッツ・代表取締役

    1982年東京大学経済学部卒。三菱化成工業株式会社(現・三菱ケミカル株式会社)入社、人材組織開発部長、三菱ケミカルホールディングスアメリカInc.社長、株式会社三菱ケミカルホールディングス執行役員監査室長、大陽日酸株式会社取締役常務執行役員チーフコンプライアンスオフィサーを歴任。 入社後の29年間は一貫して人事部門、その中でも人事考課・異動、採用、人材開発業務に従事。後半の8年は内部監査、コンプライアンス、リスクマネジメントとガバナンスを担当。アメリカでは全米グループ(30社、総売り上げ40億ドル)の統括会社社長として法務・財務・税務・監査・コンプライアンス等を指揮。同時に13社の社長またはボードメンバーとして経営にも参画した。組織運営の要である人間関係とガバナンス、また、グローバル経験(インドネシア4年半、アメリカ4年)をベースにしたリーダーシップ・コーチングに定評がある。 2020年に株式会社コーチ・ジネッツを設立、代表取締役就任。