2021/03/09

1/1ページ

第9回

「才能と努力」

  • ビジネススキル
  • エグゼクティブ
  • 著述家・ビジネスコンサルタント 細谷 功氏

 

今回のDoubRingのテーマは「才能と努力」です。

 

ビジネスや学業の世界等でよく話題になる「永遠の問い」のひとつに、

 

結果を出すために必要なのは、

「生まれか育ちか?」あるいは「才能か努力か?」

 

というトピックがあるでしょう。

 

そこで今回は「才能と努力」を2つの円の関係で表現したらどうなるかをDoubRingで可視化してみたいと思います。

 

ビジネスでパフォーマンスを出すためには、才能と努力のどちらが重要なのかを円の大小の差で、ふたつの関係性を円の交接の有無によって表現してもらえればと思います。

「才能がなくたって努力さえすれば誰でも結果を出せる」

「いやいや、そもそも努力できることこそが才能だ」

 

・・・このような議論の前提となるこれらの言葉の関係を探りたいと思います。

<今回のテーマ>

・「才能と努力」

※30秒ほどで終える簡易なものですので、以下をクリックしてぜひご回答ください!

<回答はこちらから>

 

結果を集計の上、次回本特集内で発表いたします。お楽しみに!

 

プロフィール

  • 細谷 功氏

    著述家・ビジネスコンサルタント

    株式会社東芝を経て、アーンスト&ヤング、キャップジェミニ等の米仏日系コンサルティング会社にてコンサルティングにて製品開発や営業等の戦略策定や業務/組織/IT改革等に従事。近年は問題解決や思考力に関する講演やセミナーを企業や各種団体、大学等に対して国内外で実施。著書に『地頭力を鍛える』『アナロジー思考』(以上、東洋経済新報社)、『具体と抽象』(dZERO)、『具体⇄抽象トレーニング』(PHPビジネス新書)等がある。