TOP 今週のKEIEISHA TERRACE 2月13日~2月19日の新着記事Pick Up!

2021/02/19

1/1ページ

第110回

2月13日~2月19日の新着記事Pick Up!

  • エンタテインメント
  • KEIEISHA TERRACE編集部

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

2月13日~2月19日の間に、KEIEISHA TERRACEで公開された記事をご紹介いたします。

週末のお時間で、ぜひごゆっくりとお読みいただければ幸いです。

 

一般的にイノベーションというと、それは発明や新技術というような知識によるものを想起するだろう。

 

「発明発見という新しい知識に基づくイノベーションは、いわば企業家精神のスーパースターである。たちまち有名になる。金にもなる。これが一般にイノベーションといわれているものである。」(『イノベーションと企業家精神』、1985年)

 

歴史を変えるようなイノベーションにおいては、知識によるイノベーション、その中でも技術的な知識によるイノベーションが占める割合はかなり高い。

ここ最近、「どうもチーム全体に、漠然とした停滞感が漂うんですよね…」「踏ん張りどころですが、昨年のような危機意識の醸成が、部下たちに対して効かなくなってきて困っています」というようなお話をよく耳にします。
いかにこの持久戦を戦い、部下の生産性・やる気を高めるか?今回は、Google直伝の、「部下の生産性を高める上司のルール」をご紹介します。

今回からご登場いただくAuB株式会社代表・鈴木啓太氏は、イビチャ・オシム監督のもとでサッカー日本代表を務めた元アスリート。浦和レッズ所属当時の2015年に同社を立ち上げ、いま注目の腸内フローラ(腸内細菌の生態系)解析事業を展開しています。
第1回の今回は、鈴木氏が幼い頃から言われ続けていた母の教えと、それがビジネスの可能性を帯びるまでの経緯に触れていきます。

株式会社アナムネは、オンライン医療相談及びオンライン診療プラットフォームを中心に、医療検索エンジン「clila(クリラ)」、自宅で手軽に健康診断や検査ができる「おウチで健康チェック」など、健康への不安や疑問にITを活用して解決するサービスを提供しています。
「半径2メートルの人の課題を解決する」ことをモットーに同社を起業し、「目指すのはオンラインのかかりつけ医」と語る同社代表取締役CEOの菅原康之氏にお話をうかがいました。

経営者JPのコンサルタントによる連載企画。今回のテーマは、「幹部採用の面接において、社長は人事はあなたの何を見ているか」です。


 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
来週の更新もお楽しみにお待ちください!

 

 

他の記事も読む。60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >