TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 世界を変える価値創造を生む、「ディスラプション思考」/『Think Disruption』

2021/02/10

1/1ページ

成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」

第136回

世界を変える価値創造を生む、「ディスラプション思考」/『Think Disruption』

  • ビジネススキル
  • 組織
  • 経営
  • 株式会社KADOKAWA ビジネス編集2課 編集長 伊藤 直樹氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成功する経営者は皆、多読家。成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『Think Disruption』。本書の編集を手掛けられた、KADOKAWAの伊藤直樹氏に見どころを伺いました。

 

 

スティーブ・ジョブズやケン・シーガルのもとアップルの伝説的クリエイティブである「Think different」キャンペーンを仕掛けた日本責任者が初めて明かす!ビジネスにおける不可能を可能にする「圧倒的戦略」と「革新的ビジョン」とは?

 

本書では、機能不全を起こしつつある現代社会にもっとも必要な、「ディスラプション」を生み出す思考と実践の全メソッドを公開しています。各界より「絶賛の声」も多数いただいています。

 

★『Think Simple』著者 ケン・シーガル
「スティーブ・ジョブズが実践した『ディスラプションというアート』を学ぶための最適なメンターが河南だ。なぜなら彼がアップルのマーケティングチームと日本を精力的につなぎ、破壊的アイデアを日本で実現したからだ。圧倒的な競争優位性の確立を目指す全ての人たちへの必読書!」

 

★日本マクドナルドホールディングス株式会社 代表取締役社長兼CEO サラ・L・カサノバ
「イノベーションはハイテク企業だけのものではない。こだわりで変革を起こす思考法がここにある」

 

★ITジャーナリスト 林信行
「ジョブズ奇跡の復活を支えた日本人。成否を交えた生の教訓。日本がアップルから学べることはまだある」

 

 

以下、『Think Disruption』 はじめにより抜粋

 


 

●クレイジーに潜むイノベーション

 

1976年4月、スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックは、カリフォルニアの小さなガレージでアップルコンピュータを創設。そこで開発された世界初のパーソナルコンピュータは、闇におおわれていたテクノロジーに対するパラダイムに一筋の光明をもたらしました。

 

それまでのコンピュータは磁気テープ装置に囲まれながら電算室に祀られているものでした。一般の人間が親しくまみえることは許されません。機嫌を損なわないよう冷却を効かした部屋で何人ものオペレータが傅いていました。人々はFORTRAN(フォートラン)やCOBOL(コボル)で祝詞を唱えるプログラマを通して託宣を受けていました。

 

2人のスティーブによって、コンピュータはユーザの机の上で自由に扱える存在になり、人の知的領域と創造性を拡大する身近なツールとして使われるようになったのです。創業から約42年経った2018年8月、アップルはアメリカ企業として初の時価総額1兆ドル企業となりました。

 

1980年の上場時からの株価上昇率は5万パーセント。アップルのイノベーションは、iMac・iTunes・iPod・iPhone・iPad・A...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 伊藤 直樹氏

    株式会社KADOKAWA ビジネス編集2課 編集長

    心を動かす本に仕上げる編集者。作家さん達の秀逸なノウハウや知見を広く世に伝えることが主な仕事です。本の構成はもちろん心が動く絶妙な語呂感とリズム、エモい言葉を探求し続ける。主な担当は、発売1か月で3万部『99.9%は幸せの素人』、9万部『神トーーク』、14万部『神メンタル』など多数。凹んでいる人、悩み迷う人へのエールとなる本作りがモットー。