TOP スペシャルコラムドラッカー再論 「産業や市場の構造変化」の真っ只中にいる我々にとっての、イノベーションのまたとない機会。

2021/01/18

1/1ページ

第251回

「産業や市場の構造変化」の真っ只中にいる我々にとっての、イノベーションのまたとない機会。

  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

ここまでドラッカーが語るイノベーションの7つの機会のうち、第一の機会=「予期せぬ成功、失敗、出来事を利用する」、第二の機会=「ギャップを探す」、第三の機会=「ニーズを見つける」までを見てきた。

 

今回は、第四の機会=「産業構造の変化を知る」だ。

 

「産業や市場の構造は非常に安定的に見えるため、内部の人間は、そのような状態こそ秩序であり、自然であり永久に続くものと考える。しかし現実には産業や市場の構造は脆弱である。小さな力によって簡単にしかも瞬時に解体する。」(『イノベーションと企業家精神...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。