TOP 異能の経営者 ~ I know. ~ 【窪田良氏】「失明をこの世から撲滅する」ために(Vol.1)

2021/01/19

1/1ページ

第34回

【窪田良氏】「失明をこの世から撲滅する」ために(Vol.1)

  • 経営
  • キャリア
  • 経営者インタビュー
  • 窪田製薬ホールディングス株式会社 代表執行役会長、社長兼最高経営責任者 窪田 良氏

 

現役一流経営者の記事が読める!60秒で簡単メンバー登録はこちら > >

 

 

今回からご登場いただく窪田良氏は、「世界から失明を撲滅する」というミッションを掲げるバイオテック企業として、眼科領域の新薬や医療技術の開発に取り組んでいる窪田製薬ホールディングスのCEO。

 

眼科領域では珍しい服薬する治療薬で患者の不安や苦痛を軽減したり、かけるだけで近視が治るクボタメガネの開発を発表するなど、常識を覆す柔軟な発想でさまざまなプロジェクトを立ち上げてきた同社。

 

第1回の今回は、窪田氏が眼科領域にスポットを当てた理由、臨床医から大学の研究職を経て、アメリカで起業するまでの経緯などに触れるー...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 窪田 良氏

    窪田製薬ホールディングス株式会社 代表執行役会長、社長兼最高経営責任者

    「世界から失明を撲滅する」ことを目標に、様々な眼疾患に対する治療薬・医療技術の研究開発を手がけており、最近では、近視への効果が期待される「クボタメガネ」の開発に力を入れている。慶應義塾大学医学部卒。眼科医、医学博士。慶應義塾大学医学部客員教授。眼科臨床医として緑内障、白内障、網膜疾患などの執刀治療経験を持つ。緑内障原因遺伝子であるミオシリンを発見、神経変性網膜疾患の分野での功績が認められ「須田賞」を受賞。2002年、シアトルを拠点にクボタビジョン(Kubota Vision Inc.)を設立。2016年12月に本社機能を日本に移転、窪田製薬ホールディングス株式会社を発足。著書に『極めるひとほどあきっぽい』(日経BP社)、『「なりたい人」になるための41のやり方』(サンマーク出版)がある。 全米アジア研究所 (NBR)、シアトルシンフォニーおよびワシントン州日米協会の理事を務める。2019年には、NASAディープスペースミッションHuman Research Program (HRP) Investigator(研究代表者)に就任。