TOP スペシャルコラムドラッカー再論 プロセス・ギャップからプロセス・ニーズイノベーションを起こす。

2020/12/21

1/1ページ

第248回

プロセス・ギャップからプロセス・ニーズイノベーションを起こす。

  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

前回までに、イノベーションの機会としての4つのギャップのうち(1)業績ギャップ、(2)認識ギャップ、(3)価値観ギャップについてそれぞれ見た。残す一つは、プロセス・ギャップだ。プロセス・ギャップは、消費者が何かの商品やサービスを利用する際に、その利用プロセスの中のどこかに感じる不安の部分に存在している。

 

「製品やサービスの目的は消費者の満足にある。この当然のことを理解していれば、プロセス・ギャップをイノベーションの機会として利用することは容易であり、しかも効果的だった。しかしそれでも深刻な限界がある。プロセス・ギャップをイノベーションの機会として利用できるのは、その世界の中にいる者だけだということである。決して外部の者が容易に見つけ、理解しイノベーションの機会として利用できるものではないのである。」(『イノベーションと企業家精神』、1985年)

 

さて、イノベーションの機会としてこれまで見てきた、予期せぬ成功や失敗、ギャップは、すでに存在する機会だ。対して、「必要は発明の母」。まだ存在していないもの、イノベーションの母としてのニーズがある。

 

「イノベーションの母としてのニーズは限定されたニーズである。漠然としたニーズではない。具体的でなければならない。それは、予期せぬ成功や失敗、ギャップと同じように企業や産業の内部に存在する。」(『イノベーションと企業家精神』)

 

その主なものは、プロセス上のニーズ、労働力上のニーズ、知識上のニーズだとドラッカーは言う。ここからそれぞれ見ていこう。まずは、プロセス・ニーズだ。

 

「イノベーションの機会としてのプロセス・ニーズの利用は、ほかのイノベーションとは異なり、状況からスタートすることはない。課題からスタートする。状況中心ではなく課題中心である。」(『イノベーションと企業家精神』)

 

それは、知的発見によって、すでに存在するプロセスの弱みや欠落を補うためのイノベーションだ。誰もがすでにそのニーズの存在を知っている。しかし誰も手をつけていない。ひとたびイノベーションを行うや、直ちに受け入れられ、標準として普及していく。冒頭に見たプロセス・ギャップを埋めることでプロセス・ニーズによるイノベーションは成される。プロセス・ニーズを明確にすることが、直ちに問題に解決につながるのだ。

 

 

 

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。