TOP スペシャルコラムドラッカー再論 予期せぬ失敗に対して、トップマネジメントが取るべき行動。

2020/11/16

1/1ページ

第243回

予期せぬ失敗に対して、トップマネジメントが取るべき行動。

  • エグゼクティブ
  • マネジメント
  • 株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO 井上和幸

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

予期せぬ成功があれば、予期せぬ失敗がある。通常は、予期せぬ失敗の方が目につくし、注意が行くだろう。

 

「予期せぬ成功とは異なり、予期せぬ失敗は取り上げることを拒否されたり気づかれずにいることはない。しかしそれが機会の兆候と受け止められることはほとんどない。」(『イノベーションと企業家精神』、1985年)

 

大概の場合、予期せぬ失敗とは、甘い計画や実行の不足、あるいはちょっとした好機に乗じた過信や過失、果ては単なる能力不足から起きる。ここから学べるのは、オーソドックスな、我が身の至らなさだ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 井上和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1989年早稲田大学卒業後、リクルート入社。2000年に人材コンサルティング会社に転職、取締役就任。2004年よりリクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)。2010年に経営者JPを設立、代表取締役社長・CEOに就任。 『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ずるいマネジメント』(SBクリエイティブ)『30代最後の転職を成功させる方法』(かんき出版)など著書多数。