TOP 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」 つい誰かに話したくなる「買い物」の未来/『2025年、人は「買い物」をしなくなる』

2020/11/04

1/1ページ

第129回

つい誰かに話したくなる「買い物」の未来/『2025年、人は「買い物」をしなくなる』

  • 組織
  • 経営
  • クロスメディア・パブリッシング 編集長 古川 浩司氏

 

60秒で簡単無料登録!レギュラーメンバー登録はこちら >

 

 

成功する経営者は皆、多読家。
成功している経営者が注目している、読んでいる書籍をご紹介してまいります。
今回は、『2025年、人は「買い物」をしなくなる』
本書の編集を手掛けられた、クロスメディア・パブリッシングの古川浩司氏に見どころを伺いました。

 

 

われわれが普段、特に意識せずにしている「買い物」。新型コロナウイルス感染症の影響もあり、さまざまな業種で、関係者に激震が走るようなニュースが毎日のように流れてきます。

 

  • 「レナウン」の経営破綻、「セシルマクビー」の全店閉鎖など、アパレルの老舗が次々に倒れる
  • 2020年のラーメン店やそば・うどん店の倒産件数が過去十数年でも最高の水準に迫る
  • 百貨店大手4社の売上が激減。地方は特に厳しく、「大閉店時代」が到来
  • 『ザ・バットマン』『ジュラシック・ワールド』など大作映画が次々に公開延期
  • 全国の約2割の自治体が、本屋のない「書店ゼロ自治体」に
  • ...

こちらは会員限定記事です。
無料会員登録をしていただくと続きをお読みいただけます。

プロフィール

  • 古川 浩司氏

    クロスメディア・パブリッシング 編集長

    1974年大阪府堺市生まれ。大阪大学文学部卒業後、海外モラトリアム生活を経て帰国し、編集プロダクションに入社。その後、中経出版、KADOKAWAを経て2015年より現職。これまで、ビジネス・実用・科学・テクノロジー分野を中心に、書籍・雑誌・ウェブ記事などの編集を手がける。現職・前職等を含めた主な編集担当書籍は『国旗のまちがいさがし』『世界のビジネスリーダーがいまアートから学んでいること』『銀行はこれからどうなるのか』『できたことノート』『デジタル・エイプ』『人工知能は人間を超えるか』『ルールを変える思考法』など。